So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

子宝草maniaへの道 [others]

 無理してマニアになろうとして、2年前から子宝草のコレクションというマニアの王道的な行動に走った。この仲間は栽培が容易な丈夫な種が多く、スペアの個体も不定芽で容易に増やせると思ったからだ。
 ちょっと脱線して以前も書いたことを繰り返すが、月兎耳やその他ある種のカランコエのように千切れた葉の葉柄部から出芽したものも不定芽である。ただここでいう子宝草は葉縁に不定芽を複数生じるものを言っている。
 話を戻して子宝草の類はいくらでも増えるから良いと考えていたが、思わぬ難しさがあることに気づいた。私はベランダ―なので、置き場所を有効活用するために3~4段のフレームの棚に鉢を置いている。すると自然と不定芽が下の鉢(や隣の鉢にも)落ちて芽吹くことがある。これがキンチョウやクローンコエのような特徴的な種であれば特に問題はない。しかし黒錦蝶や不死鳥の類だとどれも似たようで場合によっては成長しきっても判別が難しかったりする。
 ラクシフローラの変種は自然に不定芽が落ちることが稀なのでまだ良いが、もし混じってしまったら本当にアウトだ。成長しただけでは区別がつかず、花を解剖しても決定的な区別が難しい。

 そこで似たようなタイプの植物は遠く離れた場所に置き、その近くの鉢に宿った不定芽は泣く泣く処理するか、似た種の近くに移動しないよう配慮する。何よりもネームプレートは必須だ(と分かっているが徹底できていない)。安易に考えていたが、いざコレクションするとメンテが大変なことを知った。いい加減整理しておかないと自分でも由来が分からなくなるので、早々に整理整頓を始めようと(少なくとも心の内では)思っている。

 一方なかなか不定芽が生じなかったり、生じても小型で育てるのが難しい種類もある。前者はロゼイの変種の一部、後者は長葉タイプのシコロベンケイなどである。またフミフィカのように不定芽の成長が遅い種類もある。これらの子宝草はやたら増えることはないが、増やしたいときは積極的に不定芽を生じさせる必要がある。
 こういうのは結構楽しい。同様に楽しいのは、一般に不定芽が生じると知られていないような種に不定芽が生じたときである。

 子宝草も集めてみれば種類が多く、コンプリートは不可能だがなかなか良い趣味に巡り合えたかもしれない。


子宝草の鉢には子宝が
IMG_9611.JPG

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

下垂型花卉の雪解け [flowers]

 昨年の夏を無事に切り抜けた着生花卉類のその後の短報である。対象はグラキリペス・ウニフローラ・エンゼルランプ・シャンデリアの各種。
 結論から言うと早めに室内に取り込んで夜も明るい環境に置いたウニフローラ“phiphi”以外は大なり小なり開花した。例年だと多かれ少なかれ蕾をつけても、膨らむ前にバタバタと落ちてしまって殆ど開花まで至らないグラキリペスとシャンデリアも今年はそこそこ咲いてくれた。大半のものは11月終わりの日没が16:30頃になる時期までベランダに置いておき、花序が発達し始めてから室内に取り込んだので花芽は成長を続けた。
 今年に限って何故グラキリペスとシャンデリアが開花したかというと、思い当たる条件がある。室内に取り込んだ後の事であるが、昨年までは暖房用に石油ファンヒーターを使っており、今年からエアコンに変えたのだ。
 これは飽くまで推論に過ぎないのだが、以前こんなこともあった。11月末に苗プレートに挿し穂を植えて室内に取り込んだのだが、12月の終わり頃からそれまで順調だった植物が次々とおかしくなっていった。葉が萎れて落ちてしまうのだ。そのうち頂芽近くの新しい葉もポロポロと落ちるに至って、どうしてよいのか分からず北向きの自分の部屋に移した。部屋は暗くて寒いがやがて葉は落ちなくなり、多少の犠牲は出たものの残ったものは一冬持ちこたえて翌春以降には復活したのだ。
 このとき自分の部屋に植物を移したのは、もしかすると石油ファンヒーターの影響かも知れないという気がしたからである。

 もうひとつ今年変えたことと言えば、良く陽に当てたことである。昨年までは蕾がある程度育つまで自分の部屋に置いていたのだが、今年は昼はなるべく外に出して陽に曝したのだ。勿論夜は取り込むのだが、エンゼルランプは一晩取り込み忘れて、翌日の大雪を被ってしまうというハプニングも起きた。幸い家内が見つけて取り込んでくれたので、無事であったばかりか花も良く咲いてくれた。
 果たして上記の2つの要素が功を奏したのかどうかは分からないが、例年以上にうまくいったことは確かである。


雪を被ってもダメージのなかったエンゼルランプ
エンゼルランプIMG_8944.JPG 


 ただし、最後に余計なオチが付く。花が終って新芽が出始めたグラキリペスだが、そのまま成長してくれるだろうという期待を裏切って3月になると根元から枯れ始め、終には新芽もろとも全滅してしまった。
 以前グラキリペスは花後に枯れる種なのではないかと訝しんだことはあったが、2回開花すると死んでしまうものと思って諦めるしかないのだろうか。


例年になく良く咲いたK. gracilipes、室内で花色は出ていてない(18/1月)
グラキリペス2017IMG_8467.JPG 

しかし2か月後にはこの悲惨な姿に(18/3月)
グラキリペス2017IMG_9101.JPG 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

子宝草目録4-② Proliferae/似て非なる関係 [taxonomy]

 この仲間でガストニス・ボニエリ以外に有名なのはセイタカベンケイKalanchoe suarezensisである。この和名が適切か否かは別として、以前帰化植物の記事で述べたように沖縄で帰化している。この種が売られていることは稀であるが、何やかんやと入手経路があるのだろう、時々民家の庭や軒先に置いてあるのを見かける。 
 原産地はマダガスカル北部で、種小名はアンツィラナナAntsirananaの旧名ディエゴ・スアレスDiego-Suárezに因むと思われる。ガストニス・ボニエリから斑を抜いたような植物であるが、時々細かな斑が現れることがある。頂芽が薄く帯粉する場合もあり、葉はガストニス・ボニエリよりも薄い。
驚くべきは不定芽の生成能力で、葉の切片からでも葉縁の鋸歯の窪みから発芽・発根する。小さな株でもガストニス・ボニエリのように(主として)葉の先端からのみ発芽するのではなく、何か所も不定芽が生じる。

セイタカベンケイことKalanchoe suarezensis
suare01.JPG 
葉に細かな斑が現れることもある 
suare02.jpg 
葉に生成された不定芽
suare03.JPG 
葉の切片からも不定芽を生じる
suare04.JPG 

 Proliferaeに属する植物の中には後々述べるつもりのプロリフェラKalanchoe proliferaのように、夏季は普通の植物並みに葉が薄くなり、冬季には多肉になるタイプの植物がある。昨年ある業者さんから通販でガストニス・ボニエリとして購入した植物が、このような性質を持っていた。一見セイタカベンケイによく似るが微妙に異なる。欧州の愛好家はこれもセイタカベンケイKalanchoe suarezensisとして扱っているようである。夏は普通のセイタカベンケイよりも葉が薄く、細長い。冬にはガストニス・ボニエリほども帯粉して鋸歯もセイタカベンケイとは異なる。開花しないことには何とも言えないが、取りあえず別物(別種・別変種・別品種など)として扱っておきたい。

Kalanchoe suarezensisの1タイプか?
suare_F01.JPG 
冬季はこのように肉厚である
suare_F02.JPG 

 ガストニス・ボニエリやセイタカベンケイの仲間にはもう1種、Kalanchoe mortageiが知られている。これはセイタカベンケイによく似た植物と思われ、分布域もほぼ同じマダガスカル北部産だが、こちらは超レアものらしい。ネット検索してもセイタカベンケイを誤同定した画像しか引っかかってこない。
 まずいことに日頃当てにしているBoiteau et Allorge-Boiteau(1995)も Descoings(2003)もこのKalanchoe mortageiの記載に不備があってあまり参考にならない。Descoings(2003)をそのまま踏襲しているICNのサイトも参考にはなるが、信じ切るのも怖い。あやふやながらも両者の違いはというと、セイタカベンケイの萼筒は赤みが強く、花筒は黄色みが強いのに対し、Kalanchoe mortageiの萼筒は赤みがかった黄や緑で、花筒はピンクがかる。そして葉はセイタカベンケイでは披針形で、Kalanchoe mortageiは基部が心形cordateまたは耳型auriculateである。もっとも若い(小さな)個体では顕著でなく分かりにくいものと思われる。

貴重なKalanchoe mortageiの写真:Hamet and Marnier-Lapostolle(1964)より
mortagei.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

子宝草目録4-① Proliferae/先端のプラントレット [taxonomy]

 さて子宝草紹介シリーズも大詰めを迎え、最後のグループProliferaeである。このグループは大きく分けてガストニス・ボニエリの仲間とセイロンベンケイソウの仲間に分かれ、その他若干の種が知られる。

例によって、構成種を変種レベルで列挙する。(現在無効とされる変種を含む)
・Kalanchoe gastonis-bonnieri
  Kalanchoe gastonis-bonnieri var. gastonis-bonnieri
  Kalanchoe gastonis-bonnieri var. ankaizinensis
・Kalanchoe suarezensis
・Kalanchoe mortagei
・Kalanchoe bogneri
----------------------------------------------------------------------------------
・Kalanchoe pinnata
  Kalanchoe pinnata var. pinnata
  Kalanchoe pinnata var. calcicola
  Kalanchoe pinnata var. brevicalyx
・Kalanchoe prolifera
・Kalanchoe rubella
・Kalanchoe curvula
-----------------------------------------------------------------------------------
・Kalanchoe macrochlamys
・Kalanchoe maromokotrensis
・Kalanchoe humifica

 今回はガストニス・ボニエリの仲間について見てみる。4種が知られ、大型になる。少なくともガストニス・ボニエリKalanchoe gastonis-bonnieriとセイタカベンケイKalanchoe suarezensisの大型個体では葉の長さは30cmを超える。他の種も記載されているよりは大きくなるのではないだろうか。
この仲間のうち1993年に新種記載されたマダガスカル中西部のKalanchoe bogneriは葉縁不定芽を生じないとされており、故に私は興味を抱かず入手しなかった。現在は入手困難になってしまい、後悔している。というのも本当に不定芽が出来ないのか、その後の情報がなく、もしかすると不定芽を生じるかもしれないからである。あとから不定芽形成が判明した事例が他種で知られている。

一般的なのはガストニス・ボニエリで、種小名のgastonis-bonnieriはフランスの植物学者Gaston Eugene Marie Bonnierにちなんでいる。この種は主として細長い葉の先端に親と同じ形の小さな不定芽が付く。大きな個体では鋸歯にも不定芽が生じるが、比較的稀である。マダガスカルの北西部原産のため寒さには比較的弱く、冬に枯らせてしまったことが何度かある。米国フロリダ州から中南米にかけて帰化している。
 「雷鳥」と呼ばれることもあるが俗名であろうか、正式な和名ではない。葉の繊細な縞模様をライチョウの羽に見立てたものと思うが、このタイプは変種のKalanchoe gastonis-bonnieri var. ankaizinensisである。この変種は日本や台湾、ドイツで主に栽培され、その他欧米諸国では基変種のKalanchoe gastonis-bonnieri var. gastonis-bonnieriが栽培されている。

 基変種は葉の斑紋が少なく、開花前の萼が赤く染まる。学名でネット検索するとたいていはこちらが出てくる。K. gastonis-bonnieri var. ankaizinensisに比べて斑が少ないが、ときになかなか美しい斑が出るものもある。国内ではほとんど見かけないが、以前池袋の百貨店(といっても多肉マニアの皆さんが集まる場所ではないが)で大型個体を見かけた。

 唐印やプミラのような粉ものは個人的に栽培が苦手だったが、最近ガストニス・ボニエリだけは上手くいっている。若い葉は斑紋が全く見えないくらいカルシウムの分泌物で真っ白になっているが、この様子もまた美しい。

一般的なガストニス・ボニエリKalanchoe gastonis-bonnieri var. ankaizinensis
gastonis-bonnieri01.JPG 
花も美しい
gastonis-bonnieri02.JPG 
粉で真っ白な若い葉
gastonis-bonnieri03c.JPG 
斑の少ない基変種Kalanchoe gastonis-bonnieri var. gastonis-bonnieri
gastonis-bonnieriIMG_5013.JPG 
模様がはっきりした状態
gastonis-bonnieriIMG_5542.JPG

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

臺灣のカランコエ [taxonomy]

 台湾は私にとって思い出深い国だ。この地に(家族抜きで)1週間から半月ばかり滞在したことが3度あり、ずっと山中にこもっていた。惜しむらくはその頃植物への興味がなかったので、そこにも自生している筈のカランコエの事は全く知らず終いであったことだ。今では家族と共に短期間の観光旅行に行くのが関の山だ。いつの日にか、また動植物を見ながらの山歩きをしたいものだ。

 さて、彼の地には自然分布のカランコエが4種知られている。それに加え、少なくともセイロンベンケイソウとキンチョウが帰化植物として見られ、大陸中国並みにカランコエ相は充実している。むしろ単位面積当たりで考えれば、アジアの他国よりもリッチである。
 台湾のネイティブなカランコエは下記の4種である。
・リュウキュウベンケイソウ  Kalanchoe spathulata var. spathulata
・ガランビトウロウソウ    Kalanchoe spathulata var. garambiensis
・コウトウベンケイソウ    Kalanchoe tashiroi
・ヒメトウロウソウ      Kalanchoe ceratophylla var. ceratophylla

 リュウキュウベンケイソウは言うまでもなく、日本(といっても琉球列島のみ)に自生している(orしていた)唯一のカランコエと同種・同変種である。但し、全く同じものかというと疑問符が付く。
 中国語名で匙葉燈籠草(匙叶伽蓝菜)、倒吊蓮、篦葉燈籠草と諸々あり、匙葉燈籠草というのは学名をそのまま翻訳したのだろう。本種の学名がKalanchoe integra ではなくKalanchoe spathulatと認識しての名称なので大したものだと思う。
 台湾の方のHPなどを見ていると、どうも台湾での名称というのは同じ植物に多くの呼び名があるというより、植物のタイプで呼び名が異なっているようにもみえる。例えば匙葉燈籠草は沖縄のリュウキュウベンケイソウあるいはそれとは異なるがアジア産として欧米で良く栽培されるものと同じタイプで、葉の形状がスプーン状のものをいう。これに対しラキニアータKalanchoe laciniataのように3裂の欠刻葉を形成するタイプのものは倒吊蓮、花卉モアフラワーズのマドリッドの葉身を細身にして先を尖らせたようなものは雞爪蓮と呼ばれているようである。勿論、このような認識なくごっちゃに使っている場合も多い。ともあれWEBを漁ると少なくとも上記の4タイプが引っかかってくる。この差が単に形態的に多型の植物であるためなのか、分化が生じているのか、非常に興味深い。

 ヒメトウロウソウ(小燈籠草)はガランビトウロウソウ(鵝鑾鼻燈籠草)と共に名前だけトウロウソウ(=Bryophyllum)だが、花は両者ともリュウキュウベンケイソウによく似た上咲きの黄花で、全くのKalanchoe節である。台湾では雞爪癀などの呼び名がある。フィリピン、大陸中国からインドシナ半島まで広く分布し、ベトナム・ラオスのものは別変種Kalanchoe ceratophylla var. indochinensisとされる。
 私の手元にあるタイ産の個体に比べて台湾(やフィリピン)のものは葉が細く分かれるようで、かつてKalanchoe gracilisとして記載された。これも今一度調査の必要がありそうだ。某氏の御教示によると実生苗はかなりの割合で欠刻葉ではないとのことで、リュウキュウベンケイソウとの関係も研究成果が待たれる。

 リュウキュウベンケイソウとヒメトウロウソウが台湾全土に散見されるのに対して、南部沿岸地方で見られるのがガランビトウロウソウで草丈10cmほどの小型種である。冬季に紅葉?すると葉が深い紫色になり、美しい。台湾のサイトの情報を見ていて紫のタイプと緑のタイプがあるのかと思っていたが、季節による変化のようだ。Ohba(2003)はこれをリュウキュウベンケイソウの変種としたが、独立種Kalanchoe garambiensisと見る向きもある。
 これも稀にヒメトウロウソウのような欠刻葉のものがあるようで、マニア的には貴重である。

 もう1種、台湾南東沖の離島である蘭嶼に産するコウトウベンケイソウはOhba(2003)によるとクレナータKalanchoe crenataの帰化群落と疑われているようだが、Yamamoto(1926)の原記載や海外サイトの写真を見る限り、クレナータとは見えない。特に特徴のない鋸歯が細かな黄花の種である。確かにカランコエ属の分布東限の地で、何故この島にだけ特化した種が存在するのかは謎である。植物の種分化は動物とは違うメカニズムが働くので、私のように動物分類学しか分からない者では考えにくいのだ。

 非常に大雑把だが、以上が台湾産カランコエである。そのうちアジアのカランコエを俯瞰して、台湾のカランコエ相について改めて考えてみたい。

リュウキュウベンケイソウ  Kalanchoe spathulata var. spathulata
lobed spathulataIMG_5383.JPG 

ガランビトウロウソウ  Kalanchoe spathulata var. garambiensis
garambiensisIMG_4484.JPG 

コウトウベンケイソウ  Kalanchoe tashiroiの原記載図(續臺灣植物圖譜vol.2, 1926)
tashiroi.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー