So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

温室のカランコエ;神代植物公園 [others]

 10年近く行ってなかったが、諸事情(家族の希望)からGWに深大寺に行くことになった。となれば神代植物公園に寄らない訳にはいかない。2011年に訪れた時の記録では温室入り口の近くにキンチョウ、セイロンベンケイソウ、クローンコエ、月兎耳の4種があったのみであるが、近年温室内は改装されたとも聞いていたので、多少の期待感はあった。

期待高まる彼方の大温室
IMG_0109.JPG 
ここが乾燥地植物の部屋
IMG_0260.JPG 

 売店を物色し、シャクナゲとさくら草を見て、バラ園で早咲きのバラを楽しんだ後、やっと温室に辿り着いた。温室の内部は熱帯植物、ラン・ベゴニア、熱帯スイレン、小笠原の植物、乾燥地の植物と分かれていて、最後の部屋に至るまでカランコエは見つけられなかった。そして最後の乾燥地の部屋に入るとベハレンシス(仙女の舞)K. beharensisの姿が目に飛び込んできた。そこで期待感は一気に高まったが、その後その隣に「唐印」が植わっている以外カランコエがない事が分かって落胆してしまった。
 ベハレンシスは高さ1.2m位、ノーマルタイプのものだと思ったが、よく見ると2本植えてあった。1本はノーマルで枝分かれしており、葉に切れ込みがある茶色の毛のタイプだ。もう1本はよく見ると葉に切れ込みがなく、茶色であった。これはノーマルタイプが新しい葉でたまたま切れ込みがないものか、インテリアショップにある茶毛で切れ込みなしのタイプなのかは判然としなかった。

ベハレンシスは小ぶりのものが2株あった
IMG_0275.JPG 
切れ込みのあるノーマルタイプ
IMG_0273.JPG 
切れ込みなしタイプ
IMG_0274.JPG 

 「唐印」は3株あり、一見してK. luciae即ち紅唐印であったが、名札はK. thyrsifloraなっていた。この2種は和名(流通名?)がいい加減で、巷ではどちらも「唐印」と呼ばれているので、唐印と呼んでも間違いではない。しかし学名は明確に別種を区別するので、この場合は「間違い」であるからややこしい。別種に同じ日本語名を付けてくれるな、と言いたい。
 しかしこんなに立派な温室にたった2種とは失望もしたし、報告もつまらないものとなった。

どう見てもK. luciaeだ
IMG_0270.JPG 
しかし名札は・・・
IMG_0271.JPG 

 今回は時間がなくて見られなかったが「植物多様性センター」という施設が新設されていて、そこの博物館へ行くと何かカランコエ絡みの展示があったかもしれない。可能性は著しく低いが、行けなかったことで妄想が膨らむのは世の常である。
 ともあれ、また10年くらいしたらもう一度行ってみるかもしれない。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

街角のカランコエ;春の東京と埼玉 [others]

 4月からベランダのフレームにかけたビニールも外せて、カランコエのシーズンが始まる。同時に冬の間は出不精になっていて休眠していた家族サービスも再始動し、急に忙しくなる。
 そんなわけで青山へ出向いて界隈を歩くと(1月の極寒の日々を乗り越えて)生き延びたカランコエ達を見ることができた。

ベハレンシス、唐印、街角の花
IMG_9243.JPG
IMG_9270.JPG
IMG_9319.JPG 
 
 

 また埼玉県の川越や近隣地へ行った時も、冬越ししたわけではないだろうが幾つか印象に残るカランコエを見たのでスナップしてみた。


街角で見た花もの
IMG_9696.JPGIMG_9798.JPG  

老舗うなぎ屋には八重咲きのウェンディ(サニーディ“Sunny balloon”)が
IMG_9697.JPG 
近郊の街の電器屋にはミラベラとキンチョウがあった
IMG_9881.JPG 

 今回は何の意味もない内容だが、シーズン到来、ということでお茶を濁してみた。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

子宝草maniaへの道 [others]

 無理してマニアになろうとして、2年前から子宝草のコレクションというマニアの王道的な行動に走った。この仲間は栽培が容易な丈夫な種が多く、スペアの個体も不定芽で容易に増やせると思ったからだ。
 ちょっと脱線して以前も書いたことを繰り返すが、月兎耳やその他ある種のカランコエのように千切れた葉の葉柄部から出芽したものも不定芽である。ただここでいう子宝草は葉縁に不定芽を複数生じるものを言っている。
 話を戻して子宝草の類はいくらでも増えるから良いと考えていたが、思わぬ難しさがあることに気づいた。私はベランダ―なので、置き場所を有効活用するために3~4段のフレームの棚に鉢を置いている。すると自然と不定芽が下の鉢(や隣の鉢にも)落ちて芽吹くことがある。これがキンチョウやクローンコエのような特徴的な種であれば特に問題はない。しかし黒錦蝶や不死鳥の類だとどれも似たようで場合によっては成長しきっても判別が難しかったりする。
 ラクシフローラの変種は自然に不定芽が落ちることが稀なのでまだ良いが、もし混じってしまったら本当にアウトだ。成長しただけでは区別がつかず、花を解剖しても決定的な区別が難しい。

 そこで似たようなタイプの植物は遠く離れた場所に置き、その近くの鉢に宿った不定芽は泣く泣く処理するか、似た種の近くに移動しないよう配慮する。何よりもネームプレートは必須だ(と分かっているが徹底できていない)。安易に考えていたが、いざコレクションするとメンテが大変なことを知った。いい加減整理しておかないと自分でも由来が分からなくなるので、早々に整理整頓を始めようと(少なくとも心の内では)思っている。

 一方なかなか不定芽が生じなかったり、生じても小型で育てるのが難しい種類もある。前者はロゼイの変種の一部、後者は長葉タイプのシコロベンケイなどである。またフミフィカのように不定芽の成長が遅い種類もある。これらの子宝草はやたら増えることはないが、増やしたいときは積極的に不定芽を生じさせる必要がある。
 こういうのは結構楽しい。同様に楽しいのは、一般に不定芽が生じると知られていないような種に不定芽が生じたときである。

 子宝草も集めてみれば種類が多く、コンプリートは不可能だがなかなか良い趣味に巡り合えたかもしれない。


子宝草の鉢には子宝が
IMG_9611.JPG

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

寒波の洗礼 [others]

 2018/1/22関東地方全域は大雪に見舞われ、その後1週間は低温が続いた。埼玉は最低温度が▲7℃から0℃、最高温度も4℃から8℃といった寒い週だった。我が家のベランダでも1/25から1/28まで4日間毎日氷が張り、朝の気温は▲3℃から0℃だった。いうまでもなく、寒さに弱いカランコエにとっては致命的な期間であった。
 埼玉の冬の最低気温は東京より2℃ほど寒いが、我が家のベランダではここ何年かルトンディフォリアK. rotundifoliaがカバーなしで冬を乗り切っていた。その他にも他の植物の鉢植えの片隅で不定芽から芽を出したBryophyllumも冬越しに挑戦するが、毎年氷が張ると敗退していた。
 今年もまた果敢な挑戦者たちが冬越しを試みたが低温に耐えられず、または雪に埋もれて絶対王者とも思われたルトンディフォリアK. rotundifoliaまでもが敗退した。ここ数年で一番の寒さにカランコエの限界を見た思いだった。

 しかしである、雪に覆われたローズマリーの鉢の片隅で、雪に耐えて生き残ったものがいた。K.×houghtoniiである。親である錦蝶K.delagoensisもむき出しで雪と寒波に挑んで倒れ、もう一方の親シコロベンケイK. daigremontianaなどはビニール2枚掛けで防寒していたのだが、役に立たず死んでしまった。なので雪に埋もれていたK.×houghtoniiが生き残ったことは奇跡的ともいえる。まさに不死鳥である。
 マダガスカル高地に産するプミラK.pumilaやアフリカ大陸南部産の種が生き残る可能性は高いが、Bryophyllumの交配種の耐寒性が強いとは意外だ。次の冬には他の交配種も試してみたい気にさせてくれた。
 一方、市販のビニール掛けフレームに収めたカランコエ達は、ビニールを3重にかけた甲斐があって多少のダメージを負ったものがいたものの、無事に難関を切り抜けてくれた。

昨年までの覇者ルトンディフォリアK. rotundifoliaも無残な姿にIMG_8598.JPG
4重にビニール袋を被せたベハレンシス・ヌーダK.beharensis var. subnudaも虚しく枯死IMG_8590.JPG
錦蝶K.delagoensisは言うまでもなく凍死

IMG_8589.JPG
シコロベンケイK. daigremontianaの抵抗も無意味に半透明にIMG_8597.JPG
雪に埋もれたローズマリーの鉢in the snow.jpg
やはりK.×houghtoniiは不死鳥かIMG_8732.JPG

 因みに東京亜熱帯地区の住民たちも雪の洗礼には敵わず、ほぼ全滅に近かった。唯一ユリオプスデージーの陰で雪を被らなかったのであろうか、ラクシフローラK.laxifloraが一株生き残っていた。僅かな環境の違いが生死を分けることを目の当たりにして、感慨を覚える一件であった。

昨年末に見た美しいプランターもIMG_7337.JPG
無残な結果にIMG_8645.JPG
ユリオプスデージーに守られたラクシフローラK.laxifloraIMG_8643.JPG
ユキノシタは守ってくれなかったIMG_8644.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

温室のカランコエ;SOLSO FARM [others]

 もののついでにオシャレ系の植物売り場?に立ち寄ることが時々ある。以前にも記事で書いた様に、今日ではインテリアやオーナメントの一環として植物は欠かせないものとなっている。しかし残念なことにその手のショップや売り場には干からびたティランジアやリプサリス、徒長がひどい多肉植物が付き物だ。植物は生物であって、単なるグッズではない。物として扱う姿勢には抵抗を覚えてしまう。
 そんな中、田園都市線にある某大型書店の一角に構えたSOLSO HOMEの売り場に寄ったとき、店の人が吊り下がった着生植物にこまめに霧吹きをしているのを目撃した。ここでは植物の世話をまとも行っているのだなと感じ、本店の方も行ってみたくなった。

 今は昔のことになってしまったが、日差しの気持ち良い春の休日に川崎市にあるSOLSO FARMを訪れた。何やら週末のみオープンしているとかで、主に若い夫婦や家族連れで賑わっていた。敷地は広く、何棟もの建屋に様々な植物が展示してあり、さながら無料植物園のようであった。それもオシャレ系からマニアックなものまで種類も豊富だ。個人的に特に印象深かったのは、巨大に育ったビカクシダやティランジア、最近流行りのプロテアやディスキディア等である。
 ひと通り見物してお目当てのサボテン・多肉棟へ行くと多様な多肉植物に交じって10数種類のカランコエを見ることができた。残念ながら植物を購入することはなかったが、いずれまた訪れてみたくなるような店であった。

店の入り口付近
IMG_3866.JPG 
パリ・パリ・パリ
IMG_3914.JPG 
多肉植物棟
IMG_3959.JPG 
ファリナケアK. farinaceaの群生
IMG_3966.JPG 
美しいオルギアリスK. orgyalis
IMG_3994.JPG 
巨大に育ったファングK. beharensis‘Fang'
IMG_3972.JPG 
インテリアショップで流行りのタイプのベハレンシスK. beharensis
IMG_4003.JPG 
枝ぶりの良いアルボレスケンスK. arborescens
IMG_4008.JPG 

ベハレンシスは私個人としては置き場所の関係があって、品種レベルで手を出すのはやめておこうと思っていた。
だが記事を書いていて触発されてしまい、つい先日、吉祥寺で安価に売っていたためついつい連れ帰ってしまった。

「4ひきのねこ」さんにて
IMG_6930.JPG

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー