So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

子宝草目録5-無所属者の振り分け [taxonomy]

 葉縁に不定芽を生じるBryophyllumで今までの紹介から抜けているものが、まだ少しある。殆どは比較的近年になって記載されたものだ。
 先ずはマダガスカル東南部のTsivoryで発見され、2005年に記載されたKalanchoe peltigeraである。名前も盾状葉であることもKitchingia節のKalanchoe peltataとよく似る。葉の形自体はK. peltataのようだが、色彩や模様はシコロベンケイっぽい。記載論文には記述がないが、この種はセイロンベンケイソウのように切り取った葉を土の上に置いておくと不定芽を生じる。まだ一般的には知られていない性質のようだ。
 実はこの種はロゼイkalanchoe rosei、またはその変種に近縁であることが最近分かった。なのでBryophyllum節のグループとしてはSuffrutescentesということになると思う。開花後に枯れることなく翌年また咲くところもSuffrutescentesのようだが、茎や根の感じは若干異なっている。

盾状葉が特徴のKalanchoe peltigera
peltigeraIMG_5394.JPG 
Kalanchoe peltigeraの花
peltigeraIMG_2976.JPG 
これも葉縁に不定芽を生じる
peltigeraIMG_1543.JPG 


 次に紹介するのは実は葉縁不定芽を生じるかどうか分からないのだが、雰囲気的に生じそうなのがKalanchoe cymbifoliaである。この種の葉身は中葉が窪んだ舟形で、全縁に鋸歯がある。
 随分と無責任な書き方をしてしまったが、この種には大きな問題があって、実はタイプ標本がない。マダガスカル北部Ambilobé産と称する図番が精緻なので、実在するものとして1997年に記載されている。Tsimbazaza動植物公園で栽培されていた若い植物がこれではないかとしているが、結論は見えていない。
 20世紀初頭迄ならいざ知らず、20世紀の終わりにこのようなことがあるとは思わなかった。これは「有り」なのだろうか。中国産ガーパイクLepisosteus sinensisの一件を連想してしまったのは私だけだろうか。。。

 さて最後に紹介するのは某氏が見つけた下の写真の植物である。種として記載されているものには該当せず、一番詳しそうな人に問い合わせてみたところ、Kalanchoe ×houghtoniiの1形態であろうとのことだった。おそらく交配種なのであろうが、個人的な直感ではキンチョウとロゼイ種群辺りが親のように思える。マダガスカル南西部辺りで鋸歯のあるロゼイの変種群が分化しているようなところに自生しているものかもしれない。

同定不能のKalanchoe sp.
IMG_4296.JPG 

 足かけ1年半もかかって長々と続けてきた子宝草目録も今回で一旦終了である。この一連の記事は目録なので、この手の植物の網羅を目的としていて個々の植物については表面的な情報を記したのみであるが、機会を見て今後も「子宝草」のメモは続けていきたいと思う。実はここに紹介しきれなかったK. roseiの変種や人工的な交配種(自分で持っているものも含む)もあるのだが、もう少し情報が集まったら追加でまとめた紹介をしたいと思う。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

街角のカランコエ;スピリチュアルタウンの誘い [others]

 以前にもブリオフィルムをスナップした杉並区の某所に、今年も訪れている。先月も行ったが、1月には健在であった巨大クローンコエの姿がなかった。1月後半の寒波でやられてしまったのであろう。(参照:https://kalanchoideae.blog.so-net.ne.jp/2017-08-11)前回写真は載せなかったが、某ギャラリー入り口にあったクローンコエも枯れてなくなっていた。また服飾・雑貨店のマジックベル(セイロンベンケイソウ)も見られなかった。
 カランコエが寒さに弱いと知らずにオーナメントとして飾っている店では仕方ない結末なのかもしれないが、残念である。そんな中、この1月にも6月にも見られたのは耐寒性のあるプミラである。この種は我が家のベランダでも薄いビニール1枚で難なく冬越ししてくれた。粉ものカランコエは不得手であったが、最近は愛着が湧くようになった。
 一冬が過ぎて栄枯盛衰はあるものの、また新たな展開が見え隠れするこの街に今後も足を運び続けるだろう。

駅からほど近くのドライフラワー専門店(?)
店先には毛ものカランコエや籠の中の“Phiphi”が見られた
IMG_0970.JPG 
IMG_0972.JPG 
厳しい冬を乗り越えたプミラ
(上1月/下6月)
IMG_8349.JPG 
IMG_0974.JPG 
住宅街の植え込みにはパリの姿が
IMG_0984.JPG 
これは冬を越したものだろうか
IMG_0985.JPG 
1月のこのような姿はもはや見られなかった
IMG_8362.JPG

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

子宝草目録4-⑤ Proliferae/グループ内のアウトサイダー [taxonomy]

 Proliferaeのうちガストニス・ボニエリとセイロンベンケイソウの仲間を紹介してきたが、このグループには他にも古くから知られる1種と2000年代に新種記載された2種の計3種が知られる。
 このうち1928年に記載されたKalanchoe macrochlamysは見られる機会の少なさにおいて、最も珍しいブリオフィルム節のひとつだろう。私も標本写真しか見たことがない。いつものBoiteau et Allorge-Boiteau(1995)には蕾(萼筒のみ発達)のカラー写真が載っているが、これは他種の間違いであろう。というのもこの種の萼筒は黄色がかった地に暗色の縦じまが走る特徴的なもので、次に紹介するKalanchoe maromokotrensisに酷似している。カランコエにしては珍しく塊根性(地下茎ではなさそうなので、とりあえずこう呼んでおく)であるが、この性質もKalanchoe maromokotrensis同様で、両者は近縁なものと思われる。
 Kalanchoe macrochlamysの葉はDescoings(2003)の記述によると「乾季の葉は厚く、一般的には全縁(葉縁が欠刻をもたないこと)で細く、30-40×2-4cm、葉縁は不規則な鈍鋸歯がある。雨季の葉は薄く、3裂から5裂し40×10cm、基部は耳型、抱茎する。裂片segmentは楕円形、15~20 × 5~10 cmで先端は鈍い。葉縁は全縁、もしくは鈍鋸歯-鋸歯が生じる。」とある。北半球の温帯で栽培していると仮定して、冬が乾季、春夏が雨季とすると、この変化の性質も殆どそのままKalanchoe maromokotrensisにも当てはまる。
 マダガスカル北西部のSambirano(カカオの産地で有名らしい)で見つかっている。高さ80~120cmとされる。

 これに対しKalanchoe maromokotrensisはマダガスカル北部のMaromokotra 村近くで見つかり、高さ40~80cmほど。夏の葉は鋸歯が発達して薄く、成長すると3~5裂の欠刻葉となる。不定芽は夏の葉からしか生じないと言われる。

Kalanchoe maromokotrensis:育つと上部の葉は欠刻葉になる
maromokotrensis.JPG 

若い葉には模様が入る
maromokotrensis  petit.JPG 

 Proliferae最後の種は以前の記事でも紹介したことがある黒死蝶Kalanchoe humificaである。原記載発行時には花も知られておらず、産地も不明であった(こんな原記載ってありなのだろうか?)。しかし国内で出回っているものはTsingy de Bemaraha産と知られている。これは90年代にドイツの研究者が彼の地で採集し、それをドイツ国内の植物園に頒布したものをフランスのDescoingsが入手して2005年に新種記載した。このドイツものの子孫が現在世界各国の愛好家に広まったとされている。
 私の知る限りドイツの植物園で2009年には開花しているが、報告は出版されなかった。そして2016年になってやっと花と花粉についての報告と再記載の論文が日本の研究者によって出された(Miyata et al., 2016)。それを見るとこの種がBoiteau et Allorge- Boiteau (1995)の分け方に従った場合はProliferaeに属するのは間違いないと思われる。
 葉は小さな個体では黒いが、少し育つと濃い緑色になる。大きな個体になると葉のサイズは15~45×8~14cmと巨大になる。原記載にもあるが、ある程度成長してくると葉がねじれてくることがある。花柄が伸びると高さ270cmにもなり、Bryophyllumの中では最も大型になる種であろう花はセイロンベンケイソウに似る。小さい頃はガストニス・ボニエリやセイタカベンケイ、Kalanchoe bogneriに似るが、他のProliferaeグループとは全く異なるタイプの不定芽を生じるので、その他の仲間としておく。

 Proliferaeグループの仲間は以上である。これで全4グループを紹介したが、次回(の子宝草目録)はグループ不明のものを見てみたい。

黒死蝶Kalanchoe humificaの若い個体、葉は緑色になっている
humifica.JPG 
不定芽は独特の形である
humifica bulbil.JPG 
若い葉には模様が入る
humifica petit.JPG 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

温室のカランコエ;神代植物公園 [others]

 10年近く行ってなかったが、諸事情(家族の希望)からGWに深大寺に行くことになった。となれば神代植物公園に寄らない訳にはいかない。2011年に訪れた時の記録では温室入り口の近くにキンチョウ、セイロンベンケイソウ、クローンコエ、月兎耳の4種があったのみであるが、近年温室内は改装されたとも聞いていたので、多少の期待感はあった。

期待高まる彼方の大温室
IMG_0109.JPG 
ここが乾燥地植物の部屋
IMG_0260.JPG 

 売店を物色し、シャクナゲとさくら草を見て、バラ園で早咲きのバラを楽しんだ後、やっと温室に辿り着いた。温室の内部は熱帯植物、ラン・ベゴニア、熱帯スイレン、小笠原の植物、乾燥地の植物と分かれていて、最後の部屋に至るまでカランコエは見つけられなかった。そして最後の乾燥地の部屋に入るとベハレンシス(仙女の舞)K. beharensisの姿が目に飛び込んできた。そこで期待感は一気に高まったが、その後その隣に「唐印」が植わっている以外カランコエがない事が分かって落胆してしまった。
 ベハレンシスは高さ1.2m位、ノーマルタイプのものだと思ったが、よく見ると2本植えてあった。1本はノーマルで枝分かれしており、葉に切れ込みがある茶色の毛のタイプだ。もう1本はよく見ると葉に切れ込みがなく、茶色であった。これはノーマルタイプが新しい葉でたまたま切れ込みがないものか、インテリアショップにある茶毛で切れ込みなしのタイプなのかは判然としなかった。

ベハレンシスは小ぶりのものが2株あった
IMG_0275.JPG 
切れ込みのあるノーマルタイプ
IMG_0273.JPG 
切れ込みなしタイプ
IMG_0274.JPG 

 「唐印」は3株あり、一見してK. luciae即ち紅唐印であったが、名札はK. thyrsifloraなっていた。この2種は和名(流通名?)がいい加減で、巷ではどちらも「唐印」と呼ばれているので、唐印と呼んでも間違いではない。しかし学名は明確に別種を区別するので、この場合は「間違い」であるからややこしい。別種に同じ日本語名を付けてくれるな、と言いたい。
 しかしこんなに立派な温室にたった2種とは失望もしたし、報告もつまらないものとなった。

どう見てもK. luciaeだ
IMG_0270.JPG 
しかし名札は・・・
IMG_0271.JPG 

 今回は時間がなくて見られなかったが「植物多様性センター」という施設が新設されていて、そこの博物館へ行くと何かカランコエ絡みの展示があったかもしれない。可能性は著しく低いが、行けなかったことで妄想が膨らむのは世の常である。
 ともあれ、また10年くらいしたらもう一度行ってみるかもしれない。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

子宝草目録4-④ Proliferae/羽状葉のブリオ達 [taxonomy]

 小さな葉が連なってひとつの大きな葉を構成するようなタイプの葉を羽状複葉といい、マメ科植物やサンショウに代表される。前回紹介したセイロンベンケイソウKalanchoe pinnataも学名からして羽状葉の種であるが、常に羽状複葉を形成するわけではない。しかし、カランコエのこのグループにはベンケイソウ科には稀な羽状複葉の種が他にも3種揃っている。

 よく見かけるのは高さ3mと大型になるプロリフェラKalanchoe proliferaである。マダガスカル中部原産だが大陸アフリカでも帰化して手こずっているようである。反面、我が国では大型の鉢に植えたものがインテリア系の店でも扱われている。最近この種をセイロンベンケイソウと間違って(「偽って」ではないだろう)表示した鉢植えをよく見かける。
 まだ小さな苗のときは複葉ではないが、少し育つとすぐに複葉になる。ある程度育つと葉に皺が入ってきて委縮したように見えるのが残念だ。葉を切り取って土の上に置くと葉縁だけでなく葉軸や花序からも不定芽を生じる。萼筒が緑で角ばり、赤い花と相まって美しい。
 セイタカベンケイのところで述べたように夏季は薄手で一般植物のような葉だが、冬季には固く多肉質の葉が生じる。一般的な花卉でもマーガレットは夏に多肉、冬に普通の葉となり、このような変化は興味深い。プロリフェラはまた、葉裏に甘露を分泌する。虫が集まりそうなので庭で栽培するときは覚悟したい。

複葉が発達するプロリフェラKalanchoe prolifera
prolifera01IMG_5630.JPG 
冬季は多肉植物に
prolifera02P1230054.JPG 
苗はまだ単葉である
prolifera03PC070036.JPG 
葉軸から出芽
prolifera04IMG_6659.JPG 

 プロリフェラによく似るが小型のKalanchoe rubellaはマダガスカル中東部に分布している。こちらはプロリフェラのように季節で葉の厚みは変わらず、委縮もしてこない。種小名のルベラは英語では風疹を意味するが、語源としては赤みがかったという意味である。成長すると葉軸に赤みがつき、葉には斑が入る。

プロリフェラより鋸歯の目立つKalanchoe rubella
rubella01 IMG_6299.JPG 

不定芽から育った苗
rubella02 IMG_0123.JPG 

少し成長して斑の入った葉
rubella03 IMG_5617.JPG 

 羽状複葉タイプにはもう1種、1997年に記載された小ぶりのKalanchoe curvulaがある。マダガスカル北部産と示唆されているが、タイプ標本はアンタナナリボ(タナナリボ)の植物園の産である。ICNのサイトによれば以前本の紹介記事に載せ、前の方の回でKalanchoe mortageiの写真を引用したHamet and Marnier-Lapostolle(1964)にKalanchoe rubellaとして載っている写真が実はこのKalanchoe curvulaであるという。

問題の写真:キャプチャーは間違いで実際はKalanchoe curvula
curvula IMG_0597.JPG 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -