So-net無料ブログ作成

おもいでの夏 [cultivation]


 このようなタイトルにしたが、この夏に思い出となる特別な出来事があったわけではない。淡々と一日一日を過ごしてきただけだ。
 西日本は連日の猛暑で人々だけでなく他の動物も、植物も難儀だったと思う。こちら関東地方は6月から真夏日があり、7月には猛暑日まで度々あって長い夏の予感に気が滅入っていた。しかし8月に入ると大して暑くもなく、大半のカランコエはベランダであまりダメージもなく生き延びてくれた。
 例年のような犠牲者はなく、一番ダメージを受けたのはペルタータKalanchoe peltataだった。6月までは過去に例を見ないほど順調に葉が茂り大変素晴らしい状態であったが、ひと夏ベランダで過ごしたら葉はほとんど全て落ち、涼しくなってからも葉が育たず悲惨な状態だ。それでも完全に枯れることなく、夏越ししたと言えばしたとも言える。これは仕方なしに先日思い切って切り詰めた。

このように順調だったペルタータKalanchoe peltataが
peltata IMG_5418.JPG 

Kitchengia節は暑さに弱いのか、葉が落ちていって
peltata IMG_5518.JPG 

終にはこんな姿に

peltata IMG_6854.JPG 

 いつも夏に大ダメージを負って株を失ってしまうKitchengia節のもう1種、グラキリペスKalanchoe gracilipesはこの夏を無事に越すことができた。毎日天気予報を気にしていて翌日が真夏日と分かったら、やはり夏に弱い他の下垂型花卉達と共に前の晩に室内に取り込んだのだ。そのうち様子を見ながら33゜~34℃位までなら最も暑さに弱いグラキリペスとフィフィKalanchoe uniflora "Phi Phi"だけ取り込んで、35℃以上になるときはエンゼルランプ、シャンデリア、ウェンディも避難させた。グラキリペス×マンギニー(紅提灯)のハイブリッドであるテッサは暑さに強く、これまでも屋外で夏を乗り切っている。花はグラキリペス寄りだが、生理的にはマンギニーの形質が強いのかもしれない。
 毎日気温を気にしての出し入れは面倒ではあったが、確実な効果があった。幸運なことに暑い日が2、3日続いたら小休止のように涼しい日が訪れたので、1週間室内に入れっぱなしということはなく光量不足も解消できた。

 では何故ペルタータは屋外に取り残したのか。
室内に持ち込めないほど暴れて大きくなっていたためである。Kitchengia節そのものが暑さに弱いのか、グラキリペスについでペルタータも暑さには弱そうなので、来年は気をつけようと思う。
 ともあれこの夏はグラキリペスの夏越しに成功したという点では思い出の夏となった。

 
夏場はいったん成長を止めたが、秋には再び成長を始めたグラキリペスKalanchoe gracilipes
gracilipes IMG_6850.JPG

gracilipes IMG_6851.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

クローンコエ ~神話の崩壊~ [taxonomy]

 旺盛な繁殖力で巷に充ち溢れるクローンコエには、次の3つの「神話」がある。
1.和名はコダカラベンケイ(ソウ)
2.学名はKalanchoe  בCrenatodaigremontiana’
3.この植物はシコロベンケイKalanchoe daigremontiana と胡蝶の舞Kalanchoe laxifloraの交配種

このうち1.と2.については、以前否定しておいた。
(子宝草/クローンコエ http://kalanchoideae.blog.so-net.ne.jp/2014-01-11)
改めて簡単に述べると、
1.「クローンコエ」というのは多分商品名で、園芸的には「子宝草」と呼ばれる。和名はない。一方コダカラベンケイというのはKalanchoe daigremontianaの和名で、別名としてシコロベンケイがある。全くの別種である。このような誤謬の一因(主因?)はWerner Rauh著Succulent and Xerophytic Plants of Madagascar 2(1998)にて、当時まだ世間にほとんど知られていないクローンコエをKalanchoe daigremontianaとして写真を載せていたことかも知れない。

2.クローンコエの学名はこのブログで何回か紹介しているように1997年にDescoingsが新種記載したKalanchoe laetivirensである。Kalanchoe  בCrenatodaigremontiana’などという学名はなく、またこれは栽培品種名でもない (この辺の事情は後述する) 。

 以上は以前書いたことの焼き直しであるが、今回3.の交配種説について解明したので記しておこうと思う。
 以前にも触れたが、現在流通しているクローンコエという植物は1994年にマダガスカル南西部のToliaraで採集されたものである。どこかで交配して作出したものではない。その野生個体を増やしてISIが普及させたのだが、その際に以下のようなコメントを載せている。

ISI 95-36. “Kalanchoe sp.” is illustrated in Rauh’s Succulent and Xerophytic Vegetation of Madagascar, Vol. 2, p. 318, as a non-maculate form of K. daigremontiana. However, according to S. Jankalski it is Kalanchoe ‘Crenodaigremontiana’ Boiteau & Manoni ex Jacobsen (Bryophyllum _ crenatodaigremontianum Resende & Viana), a hybrid of K. daigremontiana and K. laxiflora (Bryophyllum crenata), reported from the wild but also recreated in cultivation by Resende.

 こんな情報と共に普及させたのだから、これに盲従した人が続出したのであろう。

 Jankalski氏が言うように(マダガスカルで採集された)クローンコエは本当にK. daigremontiana × K. laxifloraなのだろうか。上のコメントではResende & Vianaが「Bryophyllum crenatodaigremontianum」として記載したものがこの交配種で、それがクローンコエの正体だとしている。この学名をKalanchoe属に置き換えるとKalanchoe‘Crenatodaigremontiana’に変化する。さらに交配種ということでKalanchoe בCrenatodaigremontiana’となる。最近やっとこの論文(や別の関係した論文)を入手した。1965年のPortugaliae acta biologica誌に載った該当論文でResende達はK. daigremontiana × K. laxifloraの雑種を作出して、その累代の中で生じた変化について述べている。
 そして交配した雑種の写真を載せているが、クローンコエには見えない。3裂の欠刻葉の個体もあり、どう見ても別物である。実はこの組み合わせの雑種は国内でも得られていて、ある論文に花序の写真が載っている。著者の方に伺ったところ、やはりその組み合わせで得られた雑種はクローンコエとは異なっていたとの事である。

これがResende & Viana(1965)に載った雑種
IMG_4246.JPG
IMG_4247.JPG 

 人為的な交配種とは異なる野生採集株であるクローンコエは、K. daigremontiana × K. laxifloraではないということで3番目の神話も否定しておきたい。

 ここでもう一度2.の学名について触れておきたい。Descoingsがクローンコエを新種記載した際には、巷で氾濫する‘Crenatodaigremontiana’(‘Crenatodaigremontianum’)などという「学名」には触れていない。実はこの名は学名でも何でもなく、Resende & Viana(1965)が論文の中で雑種を仮にそう呼んだだけだ。栽培品種名ですらない。

そのエビデンスとしてResende & Viana(1965)を参照願いたい
IMG_4243.JPG
Resende et al. 1965.png 

  上の写真のような事情であるから、交配種説と似非学名についてはJankalski氏の勇み足であると言わざるを得ない。もっとも実際のK. daigremontiana × K. laxifloraの正逆の雑種に対しては、俗名として愛好家の間で‘Crenatodaigremontiana’の名を使用することは構わないと思う。

 このように権威ある者が巷に流布した情報が正しいとは限らない(日本国憲法が日本人不在の「みっともない」押し付け憲法というようなものも好例である)ので、疑問に思ったことは自分で調べてみると事実が見えてくることがある。権威者の言葉を鵜呑みにすると「恥ずかしい」間違いが増幅することは世の常である。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

子宝草目録3-② Bulbilliferae/クローン・グリーン [taxonomy]

 毎度引き合いに出しているBoiteauとAllorge-Boiteauの“Kalanchoe de Madagascar”は1995年の出版で、そのときこのグループBulbilliferaeにはシコロベンケイKalanchoe daigremontianaとキンチョウ(錦蝶)Kalanchoe delagoensis(Kalanchoe tubifloraとして記載)の2種しか記載種がなかった。その後Descoingsによって1997年にKalanchoe laetivirensとKalanchoe sanctulaが、Wardによって2006年にKalanchoe ×houghtoniiが新種記載された。


 K. laetivirensは子宝草とかクローンコエ(これはたぶん商品名だろう)と呼ばれるが、標準和名はない。マダガスカル南西部のトゥリアラToliara/ Tuléarで採集されISI(International Succulent Introductions)で記載前にKalanchoe sp.として頒布された。これが1995年で、数年のうちに各国に広まったようだ。なにしろ当時全くカランコエ素人でこんな植物の存在を知らなかった私も、埼玉の片隅にあるステーキハウスの玄関先で2000年に目撃している。
 前回も述べたようにシコロベンケイKalanchoe daigremontianaと混同され、ネット上でも間違いが氾濫している。この誤謬の一因はRauhの“Succulent and Xerophytic Plants of Madagascar. Vol. 1”(1995) でシコロベンケイの栽培品種として写真を載せていたことではないかと推察している。ベハレンシスの品種であるローズリーフの間違いもこの本のVol. 2が原因で誤謬が広まった。大著であるが、要注意である。
 大きくなると花序は少なくとも高さ1.5mを超える。花後に花序にも不定芽がつくが、開花後に親株は枯れてしまう。しかし枯れないこともあって、その点は次に紹介するKalanchoe sanctulaと同様である。


クローンコエKalanchoe laetivirensと花、および花序の不定芽
クローンコエIMG_0692.JPG
クローンコエIMG_2698.JPG
IMG_0260.JPG 
 

 97年記載のもう1種、Kalanchoe sanctulaはマダガスカル南東部のTaolanaroで採集された個体を元に新種記載され、日当たりのよい赤土の斜面で見つかっている。クローンコエと共に緑色の葉が美しい種で、セイロンベンケイソウのようなクローンコエのような、特に特徴のない種である。そのためか特に話題にならないし、あまり栽培もされていないようである。


Kalanchoe sanctulaと花
sanctulaIMG_9895 (2).JPG
sanctulaIMG_2393.JPG 


 以上Bulbilliferaeのグループで4種を紹介した。もしかするとマダガスカルにはまだまだ未知の子宝草が自生しているのかもしれない。次回の子宝草目録では人工的な交配種を紹介したい。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

子宝草目録3-① Bulbilliferae/葉上のクローン工場 [taxonomy]

 これぞ不定芽、これぞBryophyllumと言えるのがBulbilliferaeのグループだ。ゲーテが植物の原型としてセイロンベンケイソウを重視した話は有名だが、この仲間を見たらもっと感動したに違いない。グループ名からしてBulbilだ。そのBulbil=不定芽で爆発的に増殖する彼らは、同時に雑草として多肉界でも最も疎んじられている仲間でもある。私がブリオフィルムBryophyllumに興味を持ったのはもともとこの仲間が面白いと思ったからで、確かに殖え過ぎるものも多いが、どれも興味深い。

 このグループには下記の種と交配種が知られる。前の2グループと異なり交配種に関しては学名のないものが多く、また混沌としている部分があるので、ここでは記載された種のみリストアップする。その他のメンバーについては説明の中で触れることにする。

・Kalanchoe delagoensis
・Kalanchoe daigremontiana
・Kalanchoe laetivirens
・Kalanchoe sanctula
・Kalanchoe ×houghtonii


 この仲間で最も有名なのはキンチョウ(錦蝶)Kalanchoe delagoensisであろう。以前はKalanchoe tubifloraの名で通っていた。Tolken(1985) “Flora of Southern Africa”によると学名としてはKalanchoe delagoensisの方が古かったが誤って不適格名nomen nudumとみなされ、長いこと後発のKalanchoe tubifloraが本種の学名としてまかり通っていた。
 マダガスカル南部原産で、世界各国の熱帯から亜熱帯域で帰化している。強光下に耐える数少ないカランコエのひとつと言われる。生育環境により様相がかなり変わり、太く短い葉が詰まって密生したり、葉が細長く育ったりと面白い。植物発生進化学:読む植物図鑑(http://www.nibb.ac.jp/plantdic/blog/)によるとこの棒状の葉と思っている部分は実は葉柄で、本当の葉は葉柄の先端で4つに分かれた突起と見えるもので、その先に不定芽が生じる。
 Shaw(2008)では通常タイプの他に、近年導入されたタイプがあると言うがここで触れると混乱を招くだけなので、いずれ改めてShawの論文を読み解くことをしたい。また、最近葉柄の先が丸まり、葉が退化気味の品種(?)も見られるようだ。それとクヌート・イェプセン社のクイーングリーン・シリーズでもKalanchoe tubifloraの名で売り出しているが、現物を見たことがないので通常のキンチョウとの違いはまだ分からない。もうひとつイベリア半島地中海側とバレアレス諸島に帰化した個体群が‘Morvedre’として品種記載されたが、特に他との違いが明確とは思えない(西語の論文が読めなかったことも大きい)ので、取りあえず省いて考えたい。


キンチョウ(錦蝶)Kalanchoe delagoensis
錦蝶P7190060.JPG 

環境によっては葉柄がかなり長くなる
IMG_2829.JPG
 

 キンチョウと並んで古くから栽培されているもう一つの代表種がシコロベンケイことコダカラベンケイソウKalanchoe daigremontianaである。コダカラベンケイソウは標準和名のようであるが、最近は子宝草(コダカラソウ)ことKalanchoe laetivirensを誤ってこの名で呼んでいることも多く、コダカラベンケイとコダカラソウで紛らわしいので、当ブログではKalanchoe daigremontianaをシコロベンケイ、Kalanchoe laetivirensをクローンコエと呼んでいる。この世間の誤謬については今まで何度か述べたが、普及させたいので機会ある度に書いておこうと思う。
 マダガスカル南西部に自生するが、爆発的に殖えそうで増えないのか分布域は比較的狭い。野生個体群の中にやや小型で多肉質、白粉を帯びるタイプがあるというので、興味を惹かれる。この種もクイーングリーン・シリーズでKalanchoe daigremontianaとしてラインナップにあるが、写真を見る限りシコロベンケイではなくKalanchoe ×houghtoniiのようである。WEB上でも海外のサイトではKalanchoe ×houghtoniiを本種と誤認識していることがかなり多い。
 西海岸の個体群と少し離れた所では、長葉タイプのものが知られている。特に別の変種とされているわけでもないようだが、一般のシコロベンケイより小さくて育ちの悪い不定芽を生ずる。下の写真のように花も異なる。純粋にシコロベンケイの一個体群なのか、自然交配種なのか、今後の調査が待たれる(が、調査などされていないようなので期待できない)。
 専門筋ではシコロベンケイは変異が多く、同じ個体の不定芽間でも形態がばらつくという。不定芽はクローンなので、同じ遺伝子を持つとすれば、生育時の環境によって形態に差が出る植物なのかもしれない。


シコロベンケイKalanchoe daigremontiana
コダカラベンケイIMG_0657.JPG 

長葉タイプのもの
daigremontiana var. MG_4916.JPG
 

葉の形状のばらつき(左:長葉、中央・右は通常のもの=同一のクローン)
IMG_2674.JPG 

花の違い(左:通常タイプ、右:長葉)
daigremontiana and angustifoliaIMG_2534.JPG

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

万寿咲き!モアフラワーズ!! [flowers]

 このブログのタイトルに写真を使っているカランコエ・パリKalanchoe ‘Paris’ はデンマークのクヌート・イェプセン社のヒット作だ。結構前の事だが、2009年にIPM ESSEN(世界最大級の園芸見本市:ドイツ)で新品種鉢花部門の大賞を受賞したとのことで、他にも欧州で賞を受賞している。この花が牽引したのか、単に最近の流行なのか街の花屋さんにも様々な種の緑色の花が増えている。

 クヌート・イェプセン社はクイーンシリーズのラインナップが充実しており、一重のオリジナルOriginals、八重のクイーン・ローズRoseFlowers[レジスタードトレードマーク]、多肉のクイーン・グリーンQueen[レジスタードトレードマーク] Green、それにパリを初めとするモアフラワーズMoreFlowers[レジスタードトレードマーク]といったシリーズがある。

 モアフラワーズのコンセプトは、
Queen[レジスタードトレードマーク] MoreFlowers[レジスタードトレードマーク] are simply designed to give more of everything ? more class, more style, more passion and more indulgence. Extravagant eye-catching blooms adorn these charismatic plants for week after week. A special gift for that special someone.
となっている。

 2017年8月現在のラインナップはパリParis(グリーン)・ピンクパリPink Paris(ピンク)・ギタGhita(ピンク)・エレンEllen(ホワイト)の4種だが、昨年までアップされていた赤花のマドリッドMadrid(アフリカン・マドリッドAfrican Madrid)は今年も日本国内では販売していた。更に以前は白花のアップルブロッサムApple blossomや桃色花で花が長くなるフォーエバーピンクといった品種もあった。また、ピンクパリを購入した時についていたタグには黄花のサリーという品種が載っていた。

 このモアフラワーズは人工的だと思いつつも惹かれるものがある。花にやたらと花弁が多い。もしかしてMore flowersの本当の意味は、コンセプトとは関係なくMore petals(花弁)なのではないかと訝しんだりしている。花カランコエは1930年代初頭に仏の探検隊がマダガスカル北部のツァラタナナ山で採集した原種Kalanchoe blossfeldianaを元に、様々なカランコエ属の種と交配して多様性のある品種が生み出されている。(但し下垂型の花カランコエは別系統)。

 カランコエ属はベンケイソウ科の中でも特徴的な4枚の花弁を持ち、K. blossfeldianaも例外ではない。花は小さいが品種改良の過程で4倍体の大型の花が作出された。今でも一重咲きの品種に小さな花と大きな花があるのは、原種の花のサイズの系統と4倍体の系統であろう。
 やがて突然変異の二重咲き(ダブルフラワー)が現れ、更には八重咲きの品種が作られた。現在では八重咲き品種も隆盛を極めて普通のものとなり、更には万寿咲きとも言えるモアフラワーズの出現に至っている。しかし万寿咲きがクヌート・イェプセン社の専売特許というわけではなく、フィデス社のカランディーバ・シリーズでも以前から散見された。更にはパリにそっくりなグランディーバの品種まで販売され、今の花ものカランコエはまさに百花繚乱である。


ピンクパリPink Paris
ピンクパリP3040479.JPG


マドリッドMadrid
マドリード IMG_8927.JPG


今は亡きフォーエバーピンク
フォーエバーピンクP3030427.JPG


クイーン・ローズとして購入した極端な多重咲き、もはやペンタグラムである
クイーンローズイエローIMG_2372.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー