So-net無料ブログ作成
検索選択

ベハレンシス・ストレイン [taxonomy]

 仙女の舞/ベハレンシスには様々なタイプのものがあるが、今回紹介するものの大半はおそらく園芸品種であろう。他のカランコエ属と交配して作出したものとしては、ローズリーフ、ファーンリーフ、ファングが一般的だ。
 ローズリーフとファーンリーフはISN(International Crassulaceae Network)のHPによると米国で作られたもののようだが、国内外で名称の混乱がある。特に混迷しているのがファーンリーフで、私も以前はこれをオークリーフだと思っていた (実は今でも怪しんでいる) 。ISNの情報で古いナーセリーのカタログがあり、それによるとそのカタログの写真のタイプがファーンリーフで、オークリーフは以前ベハレンシスの原種の記事で触れた長葉タイプに近い。
 但し、このカタログの写真が掲載時というか印刷時というか、間違ってしまった可能性も皆無でないと思う。実際、写真を逆にすると葉形とオークリーフの呼称がシンクロするのだが…..。

これはファーンリーフ‘Fernleaf’か、オークリーフ‘Oakleaf’か?
fernleaf or....JPG 

 上の写真の品種を取りあえず今はファーンリーフとしておくが、オークリーフとして扱っているサイトが多い。国内ではこれをホワイトリーフとかローズリーフと称して売っている事がある。ホワイトリーフは日本で付けた名だろうか。それは良しとして、ローズリーフの呼称は間違いである。
 しかし、間違いには無理からぬ事情もある。以前紹介したWerner Rauh著、Succulent and Xerophytic Plants of Madagascar vol.2でファーンリーフの写真がRoseleafとして載っている。こんな権威者が間違えば、後輩たちは一蓮托生で間違ってしまうものだ。

 実際のローズリーフは下の写真のタイプで、これは仙女の舞として売っていたりするが、ファーンリーフ共々あまり大きくはならない。

こちらが実際のローズリーフ‘Roseleaf’
roseleaf (2).jpg 

 上記の両者ともベハレンシスとミロティの交配種と言われている。タイプの違いは正逆交雑の違いか、交雑自体が遺伝子組み換えで行われているのか不明である。時代を考えると遺伝子組み換えの可能性はないか?
 ベハレンシス錦と呼ばれるのはこのローズリーフの斑入りである。斑が入っていることは入っているが、あまり目立たないことも多い。特に少し葉焼けしたりするともう斑が見えなくなってしまう。

ベハレンシス錦ことローズリーフの斑入り‘Roseleaf Variegata’
Roseleaf Variegata (2).jpg 

 続きはまた次回。


子宝草目録1-③ Scandentes/鉾型葉形とハイブリッド [taxonomy]

 前回は黒錦蝶Kalanchoe beauverdiiの葉の変異を取り上げたが、Descoings(2003)の表現の中で鉾形とか3裂の鉾状というのが黒錦蝶の変異の中では最も特異なものであろう。鉾(ほこ=矛)というのは槍のような古代の武器で現代の我々からすると「鉾型」と言われても想像しにくいだろう。元々は中国の武器であるが、功夫映画でも余りお目にかかれない。ということでここでは垢抜けない表現ではあるが「矢印型」と呼んでおきたい。Descoings(2003)が「鉾型」とした矢印型の葉は、おそらく下の写真のようなものをいうのであろう。
00Cap Sainte Marie.JPG
 
 これに対し「3裂の鉾状」と表現したものは、前々から一変種として名を挙げているユエリKalanchoe beauverdii var. jueliiのことであろう。こちらも矢印型の葉であり、その形状は成長に伴い変化する。色彩は基本的に緑色だが、冬期を経ると黒ずんだ色になる。葉形の変化を追ってみると、
① 若い苗:葉は線形で突起がある。
01juelii.JPG
 

② 少し経つと矢印型になる(写真は冬を越して多少黒くなったもの)。
02juelii.JPG 

③ 成長すると「3裂の『矢印型』」になる。2つの黒斑が現れ、プラナリアのようである。
03juelii.JPG 

 これが黒錦蝶と同一(変)種には見えないが、本当に野生の個体群は他の形状の黒錦蝶に対して隔離機構が働かないのだろうか。そのような研究結果によって各(変)種が統合されたわけではなさそうだし、疑問が残る。
 疑問と言えばDescoings(2003)もThe Plant Listもこのタイプの種小名を「juelii」としているが、Hamet & H.Perrier (1914)の原記載を見るとスペルは「jueli」である。前回載せたHamet(1964)からの引用写真では原記載のスペルとなっており、写真キャプチャーで私が載せたスペルと異なっているのに気づいた方もいらっしゃったのではなかろうか。この辺の命名規約上の問題がありそうだが、ユエリが種や変種として認められていない現在、解決しようとする者は誰もいない。

Kalanchoe jueliの原記載より(Hamet & H.Perrier (1914))
05Hamet & H.Perrier (1914).png 

jueliiにはこのような別タイプの葉のものもある
04another juelii.JPG 

 さて、Scandentesには他に雑種起源の2種が知られる。そのひとつはライジンゲリKalanchoe ×rechingeriで、黒錦蝶K.  beauverdiiと錦蝶K. delagoensisの自然交配種と考えられている。見た目にも両種の形質を持っているが、花は黒錦蝶より錦蝶の特徴が濃く表れる。育て方によっては葉が長く伸びた錦蝶に似た外見となる。
 もう1種は黒錦蝶とシコロベンケイK. daigremontianaの交配種と考えられている ポアンカレイKalanchoe ×poincareiである。こちらはマダガスカルで2回しか採集されていないと言われ、お目にかかれない。いつも引用しているBoiteau et Allorge-Boiteau(1995)やDescoings(2003)ではどういうわけかセイタカベンケイKalanchoe suarezensisのような植物として扱われていたが、その後Descoingsは2005年にこれが黒錦蝶の交配種であると訂正した。そもそも前回参照していたBoiteauとMannoni(1949)ではこれを黒錦蝶の交配種として扱っていたので、その後扱いを間違えたのは不思議である。

つる性のハイブリッドKalanchoe ×rechingeri
06x rechingeri.JPG

  長くなるが交配種にはもうひとつある。米国のThe Glasshouse WorksでKalanchoe beauverdii Hybridという名で販売しているものは、外見は前回紹介したscandensタイプによく似るが、花の写真を見ると確かに交配種である。この植物の起源については不明であり、入手を試みてGHへ連絡したが、米国内にしか送れないとあっさり断られてしまった。
 どなたかこの植物の入手方法をご存じの方がいらしたら、御教示頂けると大変嬉しいです。
 参照URL  http://www.glasshouseworks.com/succulents/succulents-k/kalanchoe-beauverdii-hybrid


子宝草目録1-② Scandentes/黒錦蝶の葉形変異によるタイプ分け [taxonomy]

 いつも無駄な前振りが目立つ当ブログだが、この前の記事は唐突に始めてしまった。読み返すといきなりの展開で訳が分からないと思えたので、今更だが補足しておきたい。ここで試みているのは子宝草(ブリオフィルムの系統/葉縁に不定芽を形成するタイプ② 参照  http://kalanchoideae.blog.so-net.ne.jp/2016-08-14 )の可能な限りのリストアップである。それをBoiteauとAllorge-Boiteau(1995)の4グループに沿って行おうと思っている。リストアップしただけでは芸がないので、なるべく写真を載せたりしようと思っているが、内容的には薄っぺらな紹介記事に過ぎない。ともあれ、そういう趣旨でポツリポツリと続けていこうと思っている。


 さて、前回は黒錦蝶Kalanchoe beauverdiiの変種について触れたが、現在は分類学的に認められていないものばかりで、その区別も曖昧に思える。しかしながらKalanchoe beauverdii var. jueliiのように一目瞭然で葉形の異なるものは外見だけで区別できそうである。Descoings(2003)によれば黒錦蝶の葉は変化に富み、長さは1.5~11㎝、幅は0.3~4㎝(こんな幅広の葉は見たことないが…)、形状は線形、細い匙形、鉾形、卵形から楕円形、3裂の鉾状であるとしている。
 日本での呼称は「黒錦蝶」であるが葉は必ずしも黒くなく、緑色の葉を持つものが多い。国内で栽培していて冬の寒さに当たって黒ずんだりするが、基本的な色調は緑色なのではないかと思える。よく見かけるタイプは季節に関係なく黒っぽい葉であるが、原産地でもこのタイプが優勢(あるいは一般的)なのだろうか。
BoiteauとMannoni(1949)及びRauh(1995)の基変種K. beauverdii var. beauverdii(=var. typica)も葉形や色彩が不明である(正確に言うと調べきれなかった)。

 一方、別種として記載された後に本種のシノニムとされ消えた名があり、それらのタイプが元々記載されたときには葉形の違いに着目されていたようだ。Kalanchoe属としての記載とBryophyllum属としての記載、またはそれらのbeauverdiiの変種としての記載があるのでシノニムの数は多いが、まとめると次の4種の種小名に要約される。
beauverdii
juelii
costantini
scandens
  このうちbeauverdiiは本種なので抜かし、jueliiは特徴的な「3裂の鉾状」の(というより矢印のような)葉を持つので、容易に区別できる。残る二者は共にbeauverdiiより(割合として)幅広の葉をしておりscandensの原記載が入手できず詳しい区別がつけられないが、costantiniは葉が披針形とされる。となると分類学上の種としては1種で、変種も認められていないが趣味の世界(園芸上とも言える)は分けてもよいのではないだろうか。自分の見た範囲の限られた知見では、上記の4タイプは区別しておいても良さそうだ。勿論、どのタイプに入れるか迷うようなものもあるとは思うが。
 これについてはくどくど説明しても仕方ないので、幾つかサンプルを示してみる。

beauverdiiタイプ:通常のものの他に緑色で大型のものがある。
01_beauverdii.JPG

scandensタイプ:巾広の葉を持つもの。scandensは上るものの意味で、ヘクソカズラの英名でもある。
02_scandens.JPG

juelii:Hamet and Marnier-Lapostolle(1964)より
03_IMG_0600.JPG

costantini:Hamet and Marnier-Lapostolle(1964)より
04_IMG_0599.JPG

これは具体的にはこのような葉形のものであろうか。
05_scandens 2.JPG 

 ネット検索すると産地によって様々なタイプが見られるようで、非常に興味深い種である。
 特殊な葉を持つjueliiについては、次回で改めて取り上げたい。


タグ:beauverdii

子宝草目録1-① Scandentes/つる性カランコエの世界 [taxonomy]

 カランコエには一般的な草本性種の他に木本性種も多々あり、更には着生植物もある。ウニフローラやグラキリペスのような半つる性の種だ。それとは別に不定芽を形成するタイプのブリオフィルムには全くのつる性植物があり、それが今回扱うScandentesグループに属する種群だ。
子宝草のグループ分けについては、「ブリオフィルムの系統/葉縁に不定芽を形成するタイプ②」を参照願います。(http://kalanchoideae.blog.so-net.ne.jp/2016-08-14)

構成種を変種レベルで列挙する。
・Kalanchoe beauverdii(以下の4変種が記載されたが、現在の分類上は全てシノニムとされている)
     Kalanchoe beauverdii var. beauverdii
     Kalanchoe beauverdii var. parviflora
     Kalanchoe beauverdii var. guignardii
     Kalanchoe beauverdii var. juelii
・Kalanchoe x rechingeri
・Kalanchoe x poincarei
・Kalanchoe schizophylla

 このうちスキゾフィラK. schizophyllaは葉縁不定芽を生じない。それ故、進化研体系では本種をKitchingia節として扱っているのだろう。葉の形状が独特で、これも欠刻葉になるのか一葉で互生しているような形をしている。現地ではこれを行燈作りにして栽培するそうだ。

インテリア・プランツとしてもおしゃれな?スキゾフィラK. schizophylla
schizophyllaIMG_0446.JPG 
特徴的な葉の形
schizophyllaIMG_1110.JPG 
写真のようなタイプの他に葉先が広がったタイプのものも知られる。花が咲いた後の花序にはたくさんの不定芽が生じるが、残念ながら我が家で花を咲かせたことはない。国際多肉植物協会の写真集では「シゾフィラ」の名で掲載されているが、ここではスキゾフィラと呼んで(読んで)おきたい。マダガスカル中東部に広く分布している。
 黒錦蝶でも言えることだが、葉の形状がいろいろなものに引っかかりやすくなっており、この構造で他の植物や岩肌などに付着して伸びていくものと考えられる。

 Scandentesグループで一般的なのは黒錦蝶K. beauverdiiである。主にマダガスカル南部に分布しているが、飛んで東北部でも発見されている。よく見るタイプでは錦蝶K. delagoensisのように葉先に不定芽を付け、葉の色が黒っぽいからそう命名されたのであろう。しかし本種は錦蝶のように葉の間隔は詰まらない。つる性なので仕方ないから自然な姿を楽しみたい。
 BoiteauとMannoni(1949)はこれを4変種に分け、その後Rauh(1995)はそれに追随した。上記のリストには一応変種名を載せてはいるが、Descoings(2003)やThe Plant List (http://www.theplantlist.org/1/)では不適格名であって全ての変種はKalanchoe beauverdiiのシノニムとして扱われている。
BoiteauとMannoni(1949)及びRauh(1995)の4変種の違いは命名上のものだけであり、BoiteauとMannoni(1949)は基変種に相当する変種をKalanchoe beauverdii var. typicaとして新変種記載したが、Rauh(1995)はこれをKalanchoe beauverdii var. beauverdiiと「修正」している。
 この4変種はユエリK. beauverdii var. jueliiを除くと花が咲かないことには区別がつかない。というか情報が少なくて他に区別方法がわからない。上記の2編とHamet & H.Perrier (1912) のKalanchoe Guignardiの原記載を見ると、
   var. beauverdiiは萼の長さ16~18mm、花筒は14~15mm
   var. parvifloraは萼の長さ12~19mm、花筒は11~12mm
   var. guignardiiは萼の長さ不明、花筒は8~10mm
とあるが、これらの具体的な判別法はよく分からない。Descoings(2003)やThe Plant Listの扱いのごとく、これらは全てシノニムと考えて、無視した方が良いかも知れない。
 そこへ行くとvar. jueliiは葉の形が全く異なるので、次回は葉の形から見た黒錦蝶K. beauverdiiについて徒然と述べてみたい。

黒錦蝶Kalanchoe beauverdiiの一般的なタイプ
黒錦蝶IMG_4890.JPG 


仙女の舞/ベハレンシス(後篇) [taxonomy]

 前回はえらく中途半端なところで止めてしまったが、ベハレンシスには2~3の変種(とみなされる程度の変異型)が知られる。しかし、どのタイプが基変種なのかいまひとつ不明確であるからして、以下は一マニア(もどき)の無責任なたわごとと思って頂きたい。
K. beharensis var. aureo-aeneusの葉は美しいゴールデン・ブロンズもしくはブラウンのベルベットのような毛並みの種で、老成すると灰白色になるらしい。ということはこれがよくオシャレ系の店にある葉縁の切れ込みのないタイプかもしれない。そうすると植物園でよく見かける葉に切れ込みがあるタイプのものが、基変種なのだろう。
 一方、K. beharensis var. subnudaの葉は無毛で、一目瞭然である。これもごく小さいうちは葉に毛があり、ある程度の大きさになっても若い芽が有毛である場合がある。国内では艶葉仙女の舞とかベハレンシス・ヌーダと呼ばれている。

 他のカランコエとの交配種(ローズリーフ、ファーンリーフ、ファングなど)は除いて、原種のベハレンシスだけに話を絞ると、この変種を中心に考えるよりタイプ別に整理した方が良さそうだ。タイプ別というのは必ずしも分類学的に分けられるものという意味ではなく、見た目の違うものといった程度の意味である。
 参考に湯浅浩史先生の「マダガスカル異端植物紀行」(1995, 日経サイエンス社)から次の一文を引用してみる。
-----引用始め「同属同所混在」の項より------
同種内で明らかな形態分化を生じているにもかかわらず、同所に混在する種類もある。カランコエ・ベハレンシス(仙女の舞)は有毛で葉の縁が波打つタイプと、無毛で表面が粉を帯び、葉の縁が波打たないタイプが、南部の乾燥地で、しばしば入り混じって生えている。すみわけでも共生でもない同所性。それを解くことが種分化の一つのカギとなろう。
-----引用終り-----

 つまり大まかに言って有毛なものと無毛なもの、葉縁が切れ込んで波打つものとそれが余りないもの、これに葉が長いものを加えると大体のタイプが揃う。これらのタイプが固定されたものか、環境要因によるものか、若干の育種の結果なのかは分からないが、植物園やネット上で見かけたものを表にまとめてみた。

beharensis types.png
 この表のうち、有毛灰色で切れ込みなしのものがK. beharensis var. aureo-aeneusではないかと思うもので、無毛のものがK. beharensis var. subnudaである。subnudaの葉縁の形状はどちらなのかは分からない。両方とも同じ変種と言えるのかもしれない。それは有毛茶色のタイプの切れ込みの深浅についても言える。
 これらとちょっと異なるのが長葉のタイプだ。一部のマニアの間でstoloniferousと呼ばれるタイプだが、これも切れ込みのあるものと無いものがあり、その2者の違いは変種や品種レベルの分類学的な相違といえるのか分からない。
分からないことだらけだが、いずれのタイプも見ごたえのある魅力的な植物だと思う。私のところではかつてヌーダを2mの高さまで育てたが、冬に水をやり過ぎて気付いたときには腰水状態になっていて、親株を駄目にしてしまった。以後冴えない事甚だしい。
 ヌーダは根上不定芽で根元から沢山芽が出てくるので、放っておくと鉢も根詰まりしてしまう。他の変種/タイプも同じなのかは分からないが、根元に子株のある状況はよく目にするから基本的に根上不定芽で増えるのだが、程度問題なのであろう。
 仙女の舞は他の木本性カランコエに比べれば成長は速い方であるが、草本性の種よりはかなりゆっくりと成長する。どこかのサイトかHPで見かけたのだが、多肉植物用の用土より普通の園芸用土に植えた方が成長が速いとの事。自分でも試してみて、実感はしているが実験はしていない。
 個人的にとても好きな植物だが、流石に大きくなり過ぎるので何種も並べておくわけにはいかない。残念だが場所に余裕のある人向けだと思う。

有毛(若いのでブラウンのベルベット)切れ込みなし
年数を経ると灰白色になるのだろうか?
B2_01.jpg 

有毛茶色で切れ込み浅いもの
B2_02.JPG 

有毛茶色で切れ込み深いもの(単に上記の若い状態かもしれない)
B2_03.JPG 

無毛で切れ込みなしのもの
B2_04.JPG 

submudaも小さいうちは有毛である
B2_05.JPG 

長葉は写真なし。いつかどこかで見かけたら撮ってきます。