So-net無料ブログ作成
検索選択

子宝草目録2-⑥ Suffrutescentes/バラの一族 [taxonomy]

 長々と続けているSuffrutescentesの仲間であるが、今まで紹介したラクシフローラ種群に対してもう一方にロゼイroseiの仲間が知られる。但しラクシフローラの1群は単系統だろうが、ロゼイの仲間もそうだとは限らない。

 それと「ロゼイ」と書いてしまっているが、この種小名は米国のベンケイソウ科研究者として名高いJoseph Nelson Roseに由来するから「ローズィ」と読む方が正しい。(学名を英語読みしてラテン語読みに批判的な人々もいるが、これならどう転んでも英語読みなので「正しい」と書いても異論はないだろう。)しかし極めて個人的な理由だが、ローズィと呼んでしまうとこのブログのアイコンの子と被ってしまうのでロゼイと呼ぶことにしている。
 人名などの固有名詞はラテン読みや英語読みではなく元の言語の発音に従うのが原則なのでなるべくそうしたいが、すでに定着している呼び名(敢えて和名とは言いません)はここでもそのまま使っていたりする。マンギニーとかベハレンシスとかだ。大体人名も地名も元の言語が何かは分かりにくいし、発音となるとなおさらである。なので適度に折衷しながら多少はこだわりを持ってやっていこうと思う。

 最初から脱線してしまったが、実はこの仲間について書くのは気乗りしない。現在ロゼイ種群のレビジョンが行われていて、現在の種分類が少なからず変更になるという一種のインサイダー情報を知ってしまったからだ。発表前なので当然この情報は公開できず、悪いことにアクシデンタルな理由で発表時期が未定になっている(ヘタをするとずっと公開できないかも知れない!)。[こういうことを書きっぱなしというのもいやらしいので、その内容について概要を知りたい方は、ICNのKalanchoe roseiの項を御参照下さい。]

 というわけで仕方ないから現状の分類に従ってサラッと紹介するに留めたい。以前書いたことの繰り返しになるが現状、ロゼイは4つの亜種や変種に分けられる。それとは別に交配種も知られる。
・Kalanchoe rosei(以下4つが亜種と変種)
  Kalanchoe rosei ssp. rosei
  Kalanchoe rosei ssp. serratifolia
  Kalanchoe rosei ssp. variifolia 
  Kalanchoe rosei var. seyrigii
・Kalanchoe ×richaudii(交配種)
(このうちserratifoliaとvariifoliaはShaw(2008)が変種にステイタス変更した、がここでは元のまま亜種としておく)

 基変種ロゼイK. rosei ssp. rosei(とK. rosei var. seyrigii)はマダガスカル中南部に分布している。現在は鋸歯が比較的浅く披針形の葉を持つものが基変種のロゼイとされている。花はラクシフローラに比べてスリムである。国内でも宮古島では帰化しているようだ。たまにこれを不死鳥と誤認していることがある。
 Suffrutescentesでもラクシフローラ種群は葉を切り取って土の上に置いておくと葉縁に不定芽を生じる。状態次第では茎についたままでも不定芽が形成されるが、稀である。その点ロゼイや以前紹介したラウイは葉を切り取らなくとも不定芽をつけることが多い。勿論通常不定芽を生じるScandentesやBulbilliferaeといったグループよりは生成頻度は劣るが、それらの仲間と同じようなタイプの不定芽が出来る。
(不定芽のタイプについてはブリオフィルムの系統/葉縁に不定芽を形成するタイプ③ ;http://kalanchoideae.blog.so-net.ne.jp/2016-08-27参照)

 鋸歯の大きなセラティフォリアの仲間については稿を改めたい。

基変種のロゼイK. rosei ssp. rosei(とされているもの)
rosei01IMG_8577.JPG 

ロゼイの花
rosei02IMG_2517.JPG


タグ:ロゼイ

街角のカランコエ;春のインテリアと雑貨店 [others]

 春から初夏にかけて家族に付き合ってインテリア雑貨店を廻る事が多い。そういうとき「○○な生活」とか「□□のある暮らし」といった上品な趣向とは無縁な私は、常に場違いな落ち着かなさを感じて居心地の悪さを満喫しているわけだが、近年こういったオシャレ系の店に欠かせないのが植物である。以前女性の人気を占めていたハーブの地位は既に過去のものとなり、最近はどこの店に行っても多肉、ティランジア、リプサリス、ビカクシダといった4強が置いてある。多肉を除くと着生植物が主流だ。釣り鉢から垂れ下がるものも人気が高いようで、ディスキディアやエスキナンサス、ホヤも良く見かける。
 少しコアな方向へ行くと着生ランやシダなどが登場してくるが、この辺が男女の感覚の境界線かも知れない。床に置く大型鉢ではモンステラやフィロデンドロン、ストレチアといった連中にジェンダーレスな人気があるようで、その他80年代からの定番メンバーが占める。
 そんな中、カランコエの姿を見つけると安堵を覚えるとともに必要以上に魅力を感じてしまう。実際問題として我が家にはこれ以上の植木鉢は(家族に許された)置き場所がない。そこでインテリアショップにいるような連中をそれっぽく室内の明るい場所に配して、冬期の置き場所確保を狙うという案を思いついた。

 雑貨・インテリアショップで見られるカランコエはそれほど多くない。多肉の寄せ植えに紛れているものを除けば、ベハレンシス(各種)・オルギアリス・月兎耳が3強である。次点でプロリフェラなども入りそうだ。これらをいかにもといった鉢に植えて置いておけば、家族の視線も緩むだろう。
 更に着生種やつる性のメンバーもそれとなく室内に飾らせてもらえばかなり面積を稼げるぞっ、ということで今まで興味のなかった路線にも敢えて歩を進めてみようと考えている。

 というわけで先日新たな視線で視察がてら世田谷区・港区方面を中心に何軒かの雑貨・インテリアショップを巡った。上記のような植物はどの店でも見られた。特に人気なのは見栄えのするベハレンシスのようだ。しかしほとんどの店でカランコエは元気ないことが多い。森林の着生植物とは違うので、ショップの店内では光が絶対的に足りない。ベンケイソウ科はせめて窓際に置くべきだ。
着生植物は今一番人気といっても過言でないのであるが、着生多肉のシャコバサボテンは振るわない。昔大流行したので、昭和臭がしてしまうのが原因か。これも時代だろう。カランコエでいえば着生種として有望なのはウニフローラのフィフィ辺りであろうか。分岐させて作れば黒錦蝶の広葉タイプも良さそうだ。個人的にはもっと無理やりにでもオシャレに見えるものを増やさねばならないのだけど。


場違いな窮屈さを感じながらショップを巡る
00_IMG_8858.JPG
01.5_IMG_4051.JPG
01_IMG_3247.JPG
 
 

感覚を磨くのに勉強になるのはこんな店かも
02_IMG_3240.JPG
IMG_3736.JPG
03_IMG_3213.JPG 
 

 とにかく今まで持ち合わせていなかった感性を磨いて、今後の置き場確保に頑張りたい。
 しかし室内植物も流行りすたりがあるようで、モンステラのような不動の地位を築づけることは奇跡的だ。あまりに流行し過ぎても時が経てば却って古臭くなってしまう。先のシャコバやオリヅルラン、ポトスの例を考えるとティランジアなどは危ないだろうか。大流行しなければ、またいずれ注目される時が来るだろう。この後はひとめぐりしてシダ類やサトイモ科のアグラオネマとフィロデンドロンあたりだろうか。

 カランコエはそれほど流行っているわけではないので、ベハレンシスなどは残ってくれる可能性も高い。但し、ショップで葉の丸まったものばかり売っていたら、時を待たずしてすたれてしまうかもしれない。


やはりカランコエに光を!


存在感あるベハレンシスもさりげなく飾る
04_IMG_3243.JPG