So-net無料ブログ作成

街角のカランコエ;東京亜熱帯地区 [others]

 埼玉に棲みついてから人生の半分以上をこの地で暮らしてきた。年齢・経済状況・体力面から考えて、もう脱出は難しい。こんな言い方をしてしまったが、この地そのものが嫌いなわけではない。
 ただ、ここはカランコエの栽培には適さないのだ。

 立派な施設をお持ちの諸兄には関係のない話であるが、マンションのベランダでささやかに楽しんでいる身としては、この地は少しばかり「寒い」のだ。毎日天気予報を確認しているが、近隣の東京と比較して夏の最高気温は1~2℃高く、冬の最低気温は2~3℃(ときには4℃も!)低い。この冬の気温差はカランコエにとって生死を分かつものだ。
 夏は夏で着生種のダメージが大きい。これはベランダという場所の問題かもしれないが、以前高円寺で一戸建ての庭先でシャンデリアがひと夏を平然と越して繁茂しているのを見たことがある。ここよりは過ごしやすいのではなかろうか。

 冬に至ってはこの2、3年渋谷区で観察していると、こちらでは冬期は確実に凍死してしまう花ものなど1年中屋外で育っており、地植えの個体(株と表現すべきか)さえも夏冬問わず順調に過ごして開花している。マンションのベランダに放置気味のフェッシェンコイも1年中野ざらしだが、春には開花している。我が家ではビニール1枚のフレームでは蕾まで出来ても開花には至らず落ちてしまう(ビニールを3重にして何とか開花に至る)。埼玉では枯死してしまうクローンコエも渋谷区では元気だ。

 寒さには若干強そうな紅唐印K. luciaeなど野外で大きく育って、たくさん花を咲かせている。それどころかモンステラさえも冬に屋外で過ごせるのだ。そういえば恵比寿や五反田ではクワズイモも外で育っていた。ここの気候はまさに亜熱帯である。ワモンゴキブリが蔓延っていないのが不思議なくらいだ(一度だけ帝国ホテルの横でつぶれているのを見たことはあるが)。
 
 暖かな環境を求めても誰かの言うように地球温暖化は情報操作によるデマっぽいし(本当に温暖化したらそれも問題だ)、今から亜熱帯の国へ移住する気力もおぼつかない。女々しいことは書きたくないが、羨ましいことは確かである。
 虚しいが現状を受け入れて生きていくしかないだろう。


渋谷区の越冬カランコエ
2016年5月に満開だったプランターは夏にカラカラになって、
01IMG_9688.JPG 
痛んだ赤花の株は処分されてしまったが、この1月に蕾をつけて
02IMG_2422.JPG 
4月には咲き始めた
03IMG_3392.JPG
 

地植えの黄花八重咲は2016年5月にもきれいに咲いていたが、
04IMG_9701.JPG 
今年4月にはパワーアップしていた
05IMG_3792.JPG
 
道端のプランターではラクシフローラK.laxifloraも元気にしている(2016.12)
06IMG_1566.JPG
 
街角の紅唐印K.luciaeも御覧のとおり調子が良い(2016.12)
07IMG_1578.JPG 


タグ:紅唐印

ユエリの謎 ~自己解決~ [taxonomy]

 少し前に黒錦蝶の記事でユエリKalanchoe beauverdii var. jueliiの学名の謎について大言壮語を宣ってみたものの、その後自己解決してしまった。
(子宝草目録1-③ Scandentes/鉾型葉形とハイブリッド:http://kalanchoideae.blog.so-net.ne.jp/2016-11-10)
 要するに単に植物の知識不足だったわけだが、そのまま放っておくのも恥ずかしいので、早めにここで言い訳しておきたい。

 さて、ユエリの謎とは以下のようなものである。
「疑問と言えばDescoings(2003)もThe Plant Listもこのタイプの変種名を「juelii」としているが、Hamet & H.Perrier (1914)の原記載を見るとスペルは「jueli」である。(中略)この辺の命名規約上の問題がありそうだが、ユエリが種や変種として認められていない現在、解決しようとする者は誰もいない。」
ここで私は二重の勘違いをして、この学名の差異を不思議に思っていたことが分かった。

勘違い①
 植物の学名で人名由来の種小名はその元となる人名をラテン語化して語尾に-i(-e)を付ける。動物の場合は単に人名の後に-i(-e)を付けるだけなので、Hamet & H.Perrier (1914)の原記載での学名のスペル「jueli」がおかしいとは思わなかった。
 しかし植物の学名ではこの種小名(や変種名)の由来元となったウプサラ大学のHans Oscar JuelのJuelをJueliusとラテン語化した上で接尾辞の-iをつけるため、「juelii」となるのが正しかったのだ。

勘違い②
 国際動物命名規約(International Commission on Zoological Nomenclature; ICZN)では原記載論文で発表された学名はそのスペルが間違っていようが、ラテン語の文法上間違っていようが、それが正規の学名として採用される。ところが国際植物命名規約 (International Code of Botanical Nomenclature; ICBN; ウィーン規約、現在は国際藻類・菌類・植物命名規約 International Code of Nomenclature for algae, fungi, and plants; ICN; メルボルン規約 になっている)では第23条や第60条により文法上不適切な語尾は修正されてしまうのだ。
 それで原記載のスペル「jueli」は「juelii」に修正されたのだが、この点が動物畑出身の自分には分かっていなかった。

 つまり「jueli」と「juelii」の違いは植物の学名について多少の知識があれば、謎でも何でもない事象だったのだ。私が植物も動物も概ね同様だと思い込んだために恥をさらしただけの話であった。大体同じルールで命名されるなら規約を分ける必要はない。それをわざわざ分けているのだから少しは調べればよいものを、情けない限りである。
 またしても容易ならざる植物マニアへの道を思い知った。

ユエリKalanchoe beauverdii var. jueliiの変わり葉
G jueliiIMG_0999.JPG


タグ:ユエリ