So-net無料ブログ作成
検索選択

子宝草目録2-③ Suffrutescentes/ふたつの胡蝶 [taxonomy]

  フェッシェンコイKalanchoe fedtschenkoiとラクシフローラ Kalanchoe laxifloraは園芸的にはどちらも胡蝶の舞の名で流通しており、混同されている。本来「胡蝶の舞」はラクシフローラなのだがフェッシェンコイの斑入りのタイプに「胡蝶の舞錦」などという紛らわしい名前を付けるものだから混同されるのも無理はない。更にショップでは斑のないフェッシェンコイが「胡蝶の舞」の名で売られていたりする。これではマニア以外の人に混同するなというのは酷である。
 そこで以前にも一度試みたことがあるが、フェッシェンコイとラクシフローラの判別法に再挑戦したい(前回は失敗に終わっている)。わざわざ「判別法」と書いたのは、同定法とまでは言えない経験的なものだからである。前回から3年を経て、私にも少しずつ分かってきた。

 最初にお断りしておくと、若葉はどちらの種も特徴を現さないことが多いので、特に小さな苗では区別がつかない(正確にはつきにくい)と思って頂きたい。両種の特徴が現れるのは多少成長してからである。更に1、2年栽培すると開花するので、花を見ると区別しやすい。

 といいつつ先ずは葉を比較するとフェッシェンコイは葉柄が短く(殆ど無いことも多い)、葉柄近くに鋸歯がなく葉身の上方にのみ鈍鋸歯があるのが典型的な形である。しかし例外も度々あって葉柄近くから鋸歯が見られるタイプもあるが、どちらも葉の全体的な形は逆披針形である。

フェッシェンコイKalanchoe fedtschenkoiの葉
葉柄近くにも鋸歯のある葉(左) と 典型的な形(右) 
IMG_1299.JPG 

 一方ラクシフローラは葉柄が顕著で葉縁全体に鈍鋸歯がある(故にシノニムとして消えた名前でBryophyllum crenatumと命名されたのだろう)。そして葉身の基底部に耳状部(反り返った部分)が生じることが多い。しかし耳状部がない変種もあり、成長過程によって生じていない場合もある。

ラクシフローラ Kalanchoe laxifloraの葉
violacea(左)、subpeltata(中央・右)
IMG_1300.JPG 

ラクシフローラ K. laxiflora(左) とフェッシェンコイK. fedtschenkoi(右)の典型的な葉
laxiflora(T)-fedschenkoiIMG_9625.JPG 

 このように典型的なタイプを比べると両種の違いは明確だが、どちらも変種があり、また変種として記載されていなくとも複数のバリエーションが見られるので、葉だけで判断が難しい場合も多い。
 従って花を比較することになるのだが、下の写真のようにフェッシェンコイの花はオレンジ味が強くて花筒の先は広がっている。一方ラクシフローラでは赤味や朱色が強く花筒の先の開きは少ない。しかし前回述べたようにK. fedtschenkoi var. isalensisでは花は赤みが強く、ラクシフローラでも花筒の先が開くタイプもあるようなので葉と花のコンビネーションで種を判別するのが望ましい。

ラクシフローラ K. laxiflora(左・中央) とフェッシェンコイK. fedtschenkoi(右)の一般的な花
flowers.jpg 

 以上のようなことを書くと結局は区別がつかないように思われるだろうが、実際には意識して見ていると段々と見分けがつくようになってくる。やはり種特有の雰囲気というものがあり、それは植物に限らず動物にも当てはまる識別感覚と言える。