So-net無料ブログ作成
検索選択

子宝草目録1-② Scandentes/黒錦蝶の葉形変異によるタイプ分け [taxonomy]

 いつも無駄な前振りが目立つ当ブログだが、この前の記事は唐突に始めてしまった。読み返すといきなりの展開で訳が分からないと思えたので、今更だが補足しておきたい。ここで試みているのは子宝草(ブリオフィルムの系統/葉縁に不定芽を形成するタイプ② 参照  http://kalanchoideae.blog.so-net.ne.jp/2016-08-14 )の可能な限りのリストアップである。それをBoiteauとAllorge-Boiteau(1995)の4グループに沿って行おうと思っている。リストアップしただけでは芸がないので、なるべく写真を載せたりしようと思っているが、内容的には薄っぺらな紹介記事に過ぎない。ともあれ、そういう趣旨でポツリポツリと続けていこうと思っている。


 さて、前回は黒錦蝶Kalanchoe beauverdiiの変種について触れたが、現在は分類学的に認められていないものばかりで、その区別も曖昧に思える。しかしながらKalanchoe beauverdii var. jueliiのように一目瞭然で葉形の異なるものは外見だけで区別できそうである。Descoings(2003)によれば黒錦蝶の葉は変化に富み、長さは1.5~11㎝、幅は0.3~4㎝(こんな幅広の葉は見たことないが…)、形状は線形、細い匙形、鉾形、卵形から楕円形、3裂の鉾状であるとしている。
 日本での呼称は「黒錦蝶」であるが葉は必ずしも黒くなく、緑色の葉を持つものが多い。国内で栽培していて冬の寒さに当たって黒ずんだりするが、基本的な色調は緑色なのではないかと思える。よく見かけるタイプは季節に関係なく黒っぽい葉であるが、原産地でもこのタイプが優勢(あるいは一般的)なのだろうか。
BoiteauとMannoni(1949)及びRauh(1995)の基変種K. beauverdii var. beauverdii(=var. typica)も葉形や色彩が不明である(正確に言うと調べきれなかった)。

 一方、別種として記載された後に本種のシノニムとされ消えた名があり、それらのタイプが元々記載されたときには葉形の違いに着目されていたようだ。Kalanchoe属としての記載とBryophyllum属としての記載、またはそれらのbeauverdiiの変種としての記載があるのでシノニムの数は多いが、まとめると次の4種の種小名に要約される。
beauverdii
juelii
costantini
scandens
  このうちbeauverdiiは本種なので抜かし、jueliiは特徴的な「3裂の鉾状」の(というより矢印のような)葉を持つので、容易に区別できる。残る二者は共にbeauverdiiより(割合として)幅広の葉をしておりscandensの原記載が入手できず詳しい区別がつけられないが、costantiniは葉が披針形とされる。となると分類学上の種としては1種で、変種も認められていないが趣味の世界(園芸上とも言える)は分けてもよいのではないだろうか。自分の見た範囲の限られた知見では、上記の4タイプは区別しておいても良さそうだ。勿論、どのタイプに入れるか迷うようなものもあるとは思うが。
 これについてはくどくど説明しても仕方ないので、幾つかサンプルを示してみる。

beauverdiiタイプ:通常のものの他に緑色で大型のものがある。
01_beauverdii.JPG

scandensタイプ:巾広の葉を持つもの。scandensは上るものの意味で、ヘクソカズラの英名でもある。
02_scandens.JPG

juelii:Hamet and Marnier-Lapostolle(1964)より
03_IMG_0600.JPG

costantini:Hamet and Marnier-Lapostolle(1964)より
04_IMG_0599.JPG

これは具体的にはこのような葉形のものであろうか。
05_scandens 2.JPG 

 ネット検索すると産地によって様々なタイプが見られるようで、非常に興味深い種である。
 特殊な葉を持つjueliiについては、次回で改めて取り上げたい。


タグ:beauverdii

子宝草目録1-① Scandentes/つる性カランコエの世界 [taxonomy]

 カランコエには一般的な草本性種の他に木本性種も多々あり、更には着生植物もある。ウニフローラやグラキリペスのような半つる性の種だ。それとは別に不定芽を形成するタイプのブリオフィルムには全くのつる性植物があり、それが今回扱うScandentesグループに属する種群だ。
子宝草のグループ分けについては、「ブリオフィルムの系統/葉縁に不定芽を形成するタイプ②」を参照願います。(http://kalanchoideae.blog.so-net.ne.jp/2016-08-14)

構成種を変種レベルで列挙する。
・Kalanchoe beauverdii(以下の4変種が記載されたが、現在の分類上は全てシノニムとされている)
     Kalanchoe beauverdii var. beauverdii
     Kalanchoe beauverdii var. parviflora
     Kalanchoe beauverdii var. guignardii
     Kalanchoe beauverdii var. juelii
・Kalanchoe x rechingeri
・Kalanchoe x poincarei
・Kalanchoe schizophylla

 このうちスキゾフィラK. schizophyllaは葉縁不定芽を生じない。それ故、進化研体系では本種をKitchingia節として扱っているのだろう。葉の形状が独特で、これも欠刻葉になるのか一葉で互生しているような形をしている。現地ではこれを行燈作りにして栽培するそうだ。

インテリア・プランツとしてもおしゃれな?スキゾフィラK. schizophylla
schizophyllaIMG_0446.JPG 
特徴的な葉の形
schizophyllaIMG_1110.JPG 
写真のようなタイプの他に葉先が広がったタイプのものも知られる。花が咲いた後の花序にはたくさんの不定芽が生じるが、残念ながら我が家で花を咲かせたことはない。国際多肉植物協会の写真集では「シゾフィラ」の名で掲載されているが、ここではスキゾフィラと呼んで(読んで)おきたい。マダガスカル中東部に広く分布している。
 黒錦蝶でも言えることだが、葉の形状がいろいろなものに引っかかりやすくなっており、この構造で他の植物や岩肌などに付着して伸びていくものと考えられる。

 Scandentesグループで一般的なのは黒錦蝶K. beauverdiiである。主にマダガスカル南部に分布しているが、飛んで東北部でも発見されている。よく見るタイプでは錦蝶K. delagoensisのように葉先に不定芽を付け、葉の色が黒っぽいからそう命名されたのであろう。しかし本種は錦蝶のように葉の間隔は詰まらない。つる性なので仕方ないから自然な姿を楽しみたい。
 BoiteauとMannoni(1949)はこれを4変種に分け、その後Rauh(1995)はそれに追随した。上記のリストには一応変種名を載せてはいるが、Descoings(2003)やThe Plant List (http://www.theplantlist.org/1/)では不適格名であって全ての変種はKalanchoe beauverdiiのシノニムとして扱われている。
BoiteauとMannoni(1949)及びRauh(1995)の4変種の違いは命名上のものだけであり、BoiteauとMannoni(1949)は基変種に相当する変種をKalanchoe beauverdii var. typicaとして新変種記載したが、Rauh(1995)はこれをKalanchoe beauverdii var. beauverdiiと「修正」している。
 この4変種はユエリK. beauverdii var. jueliiを除くと花が咲かないことには区別がつかない。というか情報が少なくて他に区別方法がわからない。上記の2編とHamet & H.Perrier (1912) のKalanchoe Guignardiの原記載を見ると、
   var. beauverdiiは萼の長さ16~18mm、花筒は14~15mm
   var. parvifloraは萼の長さ12~19mm、花筒は11~12mm
   var. guignardiiは萼の長さ不明、花筒は8~10mm
とあるが、これらの具体的な判別法はよく分からない。Descoings(2003)やThe Plant Listの扱いのごとく、これらは全てシノニムと考えて、無視した方が良いかも知れない。
 そこへ行くとvar. jueliiは葉の形が全く異なるので、次回は葉の形から見た黒錦蝶K. beauverdiiについて徒然と述べてみたい。

黒錦蝶Kalanchoe beauverdiiの一般的なタイプ
黒錦蝶IMG_4890.JPG