So-net無料ブログ作成
検索選択

ブリオフィルムの系統/分岐した心皮 [systematics]

 似非マニアの私がどうにも持て余していたBryophyllum節 とKitchingia節だが、この冬何種かの花を解剖していて気付いたことがあった。こうしてちょくちょく「気付き」みたいなことを書くと、自分も身体技法に走り過ぎる武術家になったみたいで嫌なのだが、今度は本当に自らの疑問に決着がついたと思っている。

 Kitchingia節の代表格(のひとつ)であるグラキリペスK. gracilipesの花を分解してBryophyllum節のlaxifloraやuniflora, roseiと比較し、雄蕊が子房由来か花弁由来かを見ていた。以前書いたブログではこの違いが唯一、Bryophyllum節 とKitchingia節を分ける形質かと思われた。(ブリオフィルムの系統/葉上不定芽を形成しないグループ(後篇)参照)
 確かに葉上不定芽を形成しない代表のunifloraを含め、見た限りのBryophyllum節では雄蕊は子房に付いているように見える。一方グラキリペスK. gracilipesの雄蕊は花弁に付いていた。もっとも私自身が花の解剖に付いてまともな知識があるわけではないので、花糸が子房の心皮由来なのか花弁由来なのか理解していない可能性もあるが...
しかしこの形質の差異だけが2節を分ける表徴だとすると、なかなか難しくもあり、不便でもある。

左からグラキリペスK. gracilipes、ウニフローラK. uniflora、ロゼイK. rosei var. seyrigi、シコロベンケイK. daigremontianaの花
graci,uni,ros-sey,daiIMG_8013.JPG 

上の花を分解したところ。左端のグラキリペス以外は花糸が子房に付いている
graci,uni,ros-sey,daiIMG_8017.JPG 


 だいぶ引っ張ってしまったが、グラキリペスの子房を見てふと気付いたことがあった。カランコエは雌蕊が4本だから子房も4裂しているのだが、Kalanchoe節やBryophyllum節では子房に十字の溝があって4裂しているのに対して、Kitchingia節では子房自体がパックリと4つに分れているのだ。
 以前載せたテッサの花の解剖写真(http://kalanchoideae.blog.so-net.ne.jp/2015-10-04)も同様に子房は4つに開いている。テッサはグラキリペスK. gracilipes×紅提灯K.manginiiの交配種でKitchingia節×Bryophyllum節だが、Kitchingia節の形質が色濃く残っているということだろう。

 そこでヴォアトー体系のKitchingia節に属する種の子房の形を見ると、ペルタータK.peltatasとK.campanulataも4開裂(注:表現を4裂と区別した)していた。Kitchingia節の残りもう1種のK.ambolensisだけは資料がなくて分らなかった。
 一方Bryophyllum節の花も現物、文献の図版、web上の写真等を漁ってできる限りの種を確認したが、全ての種で4裂しているだけで開裂はしていなかった。これらはいちいち花を解剖しなくても、雌蕊が真ん中に集中しているか、分散しているかを見れば違いが分かる。

上記の花を覗くと、写真では分りにくいが雌蕊の集中と分散が見て取れる
graci,uni,ros-sey,daiIMG_8014.JPG 
子房だけ取り出すとグラキリペスのみ雌蕊4本が開裂している
graci,uni,ros-sey,daiIMG_8019.JPG 

 そこでこの事に関する記述を探すと、進化研関係やDescoingsの著述では見つけられなかったが、ヴォアトー(Boiteau et  Allorge-Boiteau,1995)はかなり目立つ所でこのように記していた。
≪引用始め≫
Le genere Kitchingia Berg. est nettement caracterrise par la divergence des carpelles.
≪引用終り≫
 マニアを目指しているならこれ位読んどけ、と諸先輩方には思われそうだが仏語は読めないのだ。でもある程度英語が分かれば、上記の説明も察しがつきそうなものだ。要するにKitchingia属は心皮が明確に分れるということだが、「Kitchingia属」ということはこれを記載したBerger 自身がこの形質をもとにKitchingiaをKalanchoeから分けたのだろうかという新たな疑問が浮かぶ。Bergerの1930年のこの有名な文献をまだ見ておらず、見ても独語は全く分らないのでお手上げかもしれない。

 ともあれヴォアトーのこの分類形質で2節を分けるという主張は明確で、納得できる。進化研の体系も魅力を感じるが(個人的に好みだ、都合が良いということもある)、ヴォアトー体系も十分説得力のあるものだった。もっとも、節をどのように捉えていたかがはっきりしたというだけで、これが節(または亜属)の根拠として妥当かは別問題である。種以上の上位分類は乱暴に言ってしまえば任意なので、根拠が明白であれば素人にとってはそれでよい。
 これで今までもやもやしていたものが晴れ、今日から暫くは安心して眠れそうな気がする。


光と色彩 [flowers]

【時節柄、このような能天気な記事をアップするのにためらいがありますが、御容赦ください。】

 シュタイナー教育みたいなタイトルだが、今回はただの短いメモである。シュタイナー教育などという言葉を使うのは唐突過ぎるようだが、ルドルフ・シュタイナーと言えばゲーテ、ゲーテと言えばセイロンベンケイソウということで私の中では無理やり繋がっているのである。(訳がわからないという人も多いと思うので、「シュタイナー  ゲーテ  セイロンベンケイソウ」とかで適当にググってみて下さい。)
 さて、本題。冬の間室内に取り込んだカランコエは、何度もしつこく書いてきたように葉が下垂し、丸まり、哀れな姿になっている。それに加えて、花の色が変わることもある。
 これは主にベル型の花が咲くカランコエで見られる現象だ。ここでまた脱線するが、「ベル型」という表現にはどうも個人的に抵抗がある。というのもここで言うベル型は、ウェンディやウニフローラ、百歩譲ってミラベラ等のことを指すのだが、これらはBryophyllum節やKitchingia節である。(ミラベラやそれに類似した品種はKalanchoe節とBryophyllum節の交配種である。)これらの節の花は下垂して咲くその姿から「ベル型」と言われるのであろう。
 ところがKalanchoe節も花を横から見ると、「ベル型」カランコエと同じような形のものがある。これらも「ベル型」と言えなくもないだろう。しかし、そんなことを言いだすと面倒なので「ベル型」といえばBryophyllum節やKitchingia節と暗黙のうちに決められているようだ。要は花の形ではなく、向きなのだ。
 というわけで今後は気がついたときには「ベル型」ではなく、「下垂型」とか呼びたい。

一般のカランコエの花も逆さにして見ると…
piton.pngbicolor.png 

 話がそれたがブロスフェルディアナ系の花ものに比べ、ベル型の花は花持ちが悪い。購入した時は素晴らしい姿でも、2週間もすると貧しさがにじむようになり、3週間経つとかなりみすぼらしくなる。そこへいくとブロスフェルディアナ系は1~2ヶ月は平気で花が持つので良い。中国語では長寿花と呼ばれるが、この花持ちの良さ故の名前なのかは全く知らない。
 また話がそれてしまったが、その短命の下垂型の花にはもう一つ欠点がある。ミラベラ等Kalanchoe節の血が入っている交配種はそんなこともないのだが、Bryophyllum節やKitchingia節の花ものは日光に当たらないと(室内に置いておくと)色が褪せてしまうのだ。蕾の状態から光不足の花は言うに及ばず、既に美しい色で咲いている花も暗い場所では日ごとに色が薄くなる。こうなると何だか悲惨な感じだ。
 厄介な事に一度抜けた色は、再び光に十分当てても殆ど復活しない。本当に悲しい。
 そこでカランコエと言えば「もっと光を!」(ゲーテ)とつながるのである。

Kitchingia節のグラキリペス<サンライズ>K.gracilipes
ちょっと写真の光の具合が悪いが、色が抜けたのが分るだろうか。
要するに2枚目の写真のような色になってしまうのだ。
gracilipes coloration.pngpale gracilipes.JPG 

ウェンディWendy
特に萼の色が抜けてしまって別物である。
wendy normal and pale.png 

 話のついでに、先日学芸大学を歩いていると何やら美しい覆輪のセイロンベンケイソウが目についた。しかしこれは露地栽培のため寒さに当たったのが原因の一時的なものと思われる。我が家のシコロベンケイでも同様な現象が起きている。

寒さに当たったシコロベンケイK.daigremontiana、ずっとこのままだったら良いのに。K.daigremontiana.JPG


タグ:光不足

Kalanmaniaへの長い道 [others]

 先週、BRUTUS(雑誌)を買ってしまった。
 特集は「まだまだ珍奇植物 Bizarre Plants Handbook 2」だ。
 残念ながらカランコエは大阪市の「咲くやこの花館」の紹介欄にラウイの花の写真が小さく1枚載っているだけだ。子宝草を除けばカランコエは珍奇植物ではないから仕方ない、というか当然だ。嬉しいのは「カランコエ・ラウイー」と表記されていたことだ。この品種をラウイと呼ぶ人は殆どいなくて、皆「ラウヒー」と呼んでいる。私はささやかに抵抗して「ラウイ」と呼んでいるのだが、賛同を得られた気分だ。

Brutus.png

 雑誌の内容はなかなか楽しめた。多肉マニアには有名であろうヴェルナー・ラウ教授(上記ラウイの語源の人)の遺産の記事も興味深かったし、植物マニアの世界も垣間見えて面白かった。それと同時に植物マニアを公言できるようになるまでには、まだまだ道が遠いことを実感した。

 20数年前、動物マニアを自認していた私は、ある日街の本屋で「自然と野生ラン」という雑誌を見つけ、衝撃を受けた。植物の世界ではこんなマイナーな分野でさえ雑誌が出ているのか!(と当時何も知らない自分には思えた。)
 動物では考えられないことだった。なにしろ金魚や蝶やニワトリなど比較的メジャーなものでも専門誌などなかったのだ。「自然と野生ラン」クラスとなると「林床と多足類」とか「ミジンコとホウネンエビ」レベルの雑誌が出版されているのと同じだ。そんな雑誌があったら後先考えずに定期購読を申し込んでしまうだろう。
 またある出版社に、そこで出版している図鑑に載っていたバーバートカゲの写真の撮影場所について問い合わせがあり、後日その写真の背景に写っていたモウセンゴケが根こそぎなくなっていたという話を聞いたり、ニュースでもレブンアツモリソウの盗掘が取り沙汰されるなど節操のないエピソードが植物マニア恐るべしっ、との感を強くした。

 植物の栽培技術は動物の飼育技術と比較して確立されているという点で高いレベルにあり(ドイツの動物マニアは別格であるが)、コレクターの熱中ぶりも凄まじく、大いにライバル心を掻き立てられた。
 しかし金も時間もなかった私は、大がかりな設備構築とか高価な種類の購入というスーパーマニアにありがちな方向へはいかず、文献収集の道に走ったのである。結果として人脈も出来てそれなりの成果もあり、その筋ではそこそこのマニアとなったのであるが、植物はチト勝手が違う。
 マニアの層も厚く、文献だけで太刀打ちできる世界ではない。現物の植物も試行錯誤で育てているが、置き場所が限界でコレクターにまでは至れない。開き直って花がきれいとか、面白い葉だとか言って楽しんでいれば良いのだろうが、マニア気質の性でそれができない。どうしても分類学的な興味が先行してしまう。
 この先どう進めば良いのやら、マニアへの道は未だ遥か彼方だ。


タグ:Kalanchoe mania