So-net無料ブログ作成

緑の女王様 [flowers]

 デンマークのクヌート・イェプセン社(農水省の表記に従っています)と言えば、クイーン・カランコエ、クイーン・ローズ(八重咲き)といった鉢花が日本でも有名である。
 過去にはキングフラワーとか何とかいうシリーズもあったが、今はもう見られない。同様にワイルドフラワーというシリーズもあって、草丈の高い切葉(欠刻葉)のラインナップが特徴だった。国内でも一時生産されていたが、こちらも残念ながら入手する前になくなってしまった。

 花卉業界はめまぐるしい。2~3年前に出回っていた品種は永遠に失われてしまう。原種ならどんなに希少で分布が狭くとも、法的な保護や規制がない限り現地採集という入手の手段が残されている。実際には金と時間の双方がなくては不可能に近いのだが、その種そのものが失われている訳ではない。(どうせ机上論なので、紛争地帯にしかない場合とかその手の細かい付帯条件は考えない)
 しかし園芸品種となるとこの世界から消えてしまっている可能性も大きく、気に入ったものがあれば自分で栽培し続けて持っているしかない。それとて、翌年には違った姿に変化してしまうかもしれない。そんなときは諸行無常と思って諦めるしかない。

 話が大きくそれたが、昨年クヌート社に新しいシリーズが登場した。Queen Green[レジスタードトレードマーク]である。
 これには現在(世界のどこかで)4種が販売されている。最近までフミリスがサプライジング・デザートという名で出ていたが、これが日本で生産・販売されていたかは知らない。
 現在のラインナップはKalanchoe pinnata 'Zanzibar'、Kalanchoe daigremontiana、Kalanchoe tubiflora、Kalanchoe uniflora 'Phi phi'と全てブリオフィルム節だ。しかしこのうち前の3種を和名に直すとセイロンベンケイソウ、シコロベンケイ、錦蝶 (キンチョウ)である。日本では(温室の)雑草と思われているので、改めてこれらのライセンスを取って生産する会社はないだろう。非常に残念なことだ。
 錦蝶はクヌート社のHPの写真からは日本で一般的に見られるものと相違があるのかよく分からないが、シコロベンケイは一般的なものと違い、不死鳥と同一視されているがタイプの違うKalanchoe ×houghtoniiのようなタイプだ。ちなみに錦蝶の学名は現在K. delagoensisとなっているが、K. tubifloraはそのシノニムである。
 そしてセイロンベンケイソウは花の形が通常のものとは異なり、ややダブルフラワーのような萼が発達する。単純に欲しいと思ってしまうのだが、これも無理だろうか。しかしマジックベルなるセイロンベンケイソウの品種(?)が国内でも時折売られていることを考えると、僅かな望みはあるかもしれない。この品種の入手可能性について詳しい人がいたら、情報をお願いします。

 以上の葉縁に不定芽を生じる面々の入手は困難だろうが、最後のKalanchoe uniflora 'Phi phi'だけは僅かながら市場に出ている。Queen Green[レジスタードトレードマーク]はその名が示す通り、観葉植物的な扱いなのだがunifloraは花も可愛いので人気が出てもおかしくはない。私もつい花に魅かれて、高価だったにもかかわらず購入してしまった。
 要するにエンゼルランプの別品種なのだが、葉っぱだけになったときの姿も良く、我が家ではいつも厳しい家族の者にも好評だった。来年花を咲かせるのに失敗しても、何とか許されそうだ。
'Phi phi'の語源は判らないが、いちごのすいすい(誰も知らないだろうな)みたいで名前も可愛い。私も園芸店の方も「フィフィ」と呼んでいたが、タイのピピ島にちなんでいて本当は「ピピ」なのかもしれない。とするとセイロンベンケイソウの'Zanzibar'はタンザニアのザンジバル島の事だと思うし、同じクヌート社のモアフラワーズのシリーズではパリやマドリッドがあるのだから、その延長線上にあるとも言える。

おしゃれなインドア・グリーンのKalanchoe uniflora 'Phi phi'
PhiPhi01.JPG
葉はこんな感じ
PhiPhi02.JPG
unifloraなので花はやはりエンゼルランプ系
PhiPhi03.JPG


街角のカランコエ; 恵比寿の憂鬱 [others]

 何年かに1度位、恵比寿の街に行くことがある。
 昨年の夏に1年8ヶ月ぶりにこの街を訪れた。8月後半のやや暑さが落ち着いた日であった。
恵比寿ガーデンプレイスの一角にあるジョエル・ロプションの裏?の広場へ行くと、真夏だというのにベンチで囲まれた一角にはカランコエの寄せ植えがあって、季節感が薄れた。短日処理で1年中開花させられると知っていても、どうしても冬の花というイメージが拭えないでいる。しかし正直言うと熱帯から亜熱帯の植物であるし、寒さに弱いので初夏から秋頃にかけて戸外で花が楽しめれば良いのにと思う。
室内に入れると徒長するし、葉は下垂したり丸まったりで悲惨だ。暖かい季節に自分で短日処理するという手もあるが、退職しない限りサラリーマンには無理だろう。夜の仕事に従事していれば出来るかもしれないが、あいにく自分は昼間の勤めだ。

こんな場所にさりげなく
Ebisu01.JPG 
豪華な寄せ植えが…
Ebisu02.JPG 
全部で10以上置いてあった
Ebisu03.JPG 

 ともあれ、思わぬ花ものカランコエの出迎えに気を良くし、ある場所へ足を向けた。2009年に見つけたのだが、あるビルの花壇というか植え込みにフェッシェンコイ(よくフェドチェンコイとか呼ばれている)Kalanchoe fedtschenkoiの群落があるのだ。2013年に行った時もこの「自生地」を見に行ったが、相変わらず蔓延っていた。そしてこのとき初めてこれがフェッシェンコイだと判った。それまではこのタイプのカランコエが何種あるかも知らなかったし、良く似たK.fedtschenkoiとK.laxifloraの判別も分からなかった。
 この場所のK.fedtschenkoiは通常タイプと比べると葉の全周に鈍鋸歯が現れたり、葉柄が比較的発達したりといった特徴があった。

 少なくとも2009年から2013年まで4回の冬を越している。そんな頑張り?にいとおしさを覚え、都心の温暖な冬にジェラシーを感じながらも、またその地を訪れることを楽しみにしていたのだ。そして2年ぶりに再訪すべく目的地に近付いたとき、工事中の場所が目に入った。嫌な予感がしたが、現場に着くとショックなことに自生地の植え込みはビルごとなくなっていたのだ。フェッシェンコイは影も形もない。しばし呆然としてしまった。
 今は亡き彼らを偲んで、以前撮った写真を載せておきたい。

2009年12月の植え込み
Ebisu04.JPG 
葉全体に鈍鋸歯がある
Ebisu05.JPG 
2013年11月の植え込み
Ebisu06.JPG 
葉柄が顕著である
Ebisu07.JPG