So-net無料ブログ作成
検索選択

仙女の舞/ベハレンシス(後篇) [taxonomy]

 前回はえらく中途半端なところで止めてしまったが、ベハレンシスには2~3の変種(とみなされる程度の変異型)が知られる。しかし、どのタイプが基変種なのかいまひとつ不明確であるからして、以下は一マニア(もどき)の無責任なたわごとと思って頂きたい。
K. beharensis var. aureo-aeneusの葉は美しいゴールデン・ブロンズもしくはブラウンのベルベットのような毛並みの種で、老成すると灰白色になるらしい。ということはこれがよくオシャレ系の店にある葉縁の切れ込みのないタイプかもしれない。そうすると植物園でよく見かける葉に切れ込みがあるタイプのものが、基変種なのだろう。
 一方、K. beharensis var. subnudaの葉は無毛で、一目瞭然である。これもごく小さいうちは葉に毛があり、ある程度の大きさになっても若い芽が有毛である場合がある。国内では艶葉仙女の舞とかベハレンシス・ヌーダと呼ばれている。

 他のカランコエとの交配種(ローズリーフ、ファーンリーフ、ファングなど)は除いて、原種のベハレンシスだけに話を絞ると、この変種を中心に考えるよりタイプ別に整理した方が良さそうだ。タイプ別というのは必ずしも分類学的に分けられるものという意味ではなく、見た目の違うものといった程度の意味である。
 参考に湯浅浩史先生の「マダガスカル異端植物紀行」(1995, 日経サイエンス社)から次の一文を引用してみる。
-----引用始め「同属同所混在」の項より------
同種内で明らかな形態分化を生じているにもかかわらず、同所に混在する種類もある。カランコエ・ベハレンシス(仙女の舞)は有毛で葉の縁が波打つタイプと、無毛で表面が粉を帯び、葉の縁が波打たないタイプが、南部の乾燥地で、しばしば入り混じって生えている。すみわけでも共生でもない同所性。それを解くことが種分化の一つのカギとなろう。
-----引用終り-----

 つまり大まかに言って有毛なものと無毛なもの、葉縁が切れ込んで波打つものとそれが余りないもの、これに葉が長いものを加えると大体のタイプが揃う。これらのタイプが固定されたものか、環境要因によるものか、若干の育種の結果なのかは分からないが、植物園やネット上で見かけたものを表にまとめてみた。

beharensis types.png
 この表のうち、有毛灰色で切れ込みなしのものがK. beharensis var. aureo-aeneusではないかと思うもので、無毛のものがK. beharensis var. subnudaである。subnudaの葉縁の形状はどちらなのかは分からない。両方とも同じ変種と言えるのかもしれない。それは有毛茶色のタイプの切れ込みの深浅についても言える。
 これらとちょっと異なるのが長葉のタイプだ。一部のマニアの間でstoloniferousと呼ばれるタイプだが、これも切れ込みのあるものと無いものがあり、その2者の違いは変種や品種レベルの分類学的な相違といえるのか分からない。
分からないことだらけだが、いずれのタイプも見ごたえのある魅力的な植物だと思う。私のところではかつてヌーダを2mの高さまで育てたが、冬に水をやり過ぎて気付いたときには腰水状態になっていて、親株を駄目にしてしまった。以後冴えない事甚だしい。
 ヌーダは根上不定芽で根元から沢山芽が出てくるので、放っておくと鉢も根詰まりしてしまう。他の変種/タイプも同じなのかは分からないが、根元に子株のある状況はよく目にするから基本的に根上不定芽で増えるのだが、程度問題なのであろう。
 仙女の舞は他の木本性カランコエに比べれば成長は速い方であるが、草本性の種よりはかなりゆっくりと成長する。どこかのサイトかHPで見かけたのだが、多肉植物用の用土より普通の園芸用土に植えた方が成長が速いとの事。自分でも試してみて、実感はしているが実験はしていない。
 個人的にとても好きな植物だが、流石に大きくなり過ぎるので何種も並べておくわけにはいかない。残念だが場所に余裕のある人向けだと思う。

有毛(若いのでブラウンのベルベット)切れ込みなし
年数を経ると灰白色になるのだろうか?
B2_01.jpg 

有毛茶色で切れ込み浅いもの
B2_02.JPG 

有毛茶色で切れ込み深いもの(単に上記の若い状態かもしれない)
B2_03.JPG 

無毛で切れ込みなしのもの
B2_04.JPG 

submudaも小さいうちは有毛である
B2_05.JPG 

長葉は写真なし。いつかどこかで見かけたら撮ってきます。