So-net無料ブログ作成
検索選択

温室のカランコエ;食と農の博物館 [others]

 GWにちょっとイベントがあって軽く負傷した為、文字通り足取り重く東京農業大学の食と農の博物館を訪れました。その博物館の温室がバイオリウムです(多分)。
 ここは過去何度か訪れた事があって、カランコエのラインナップがそこそこあるカランコ・マニアには楽しい空間でした。今回久しぶりに訪れて、いささかがっかりした点があります。以前より植物自体が少なくなったと言うか、密度が薄くなって閑散としてしまった印象があります。植物や魚を売っていた売店もなくなっているし、イグアナやカエルもいません。レムールなどのマダガスカル産の原猿は相変わらず健在でした。
 肝心のカランコエは、以前はびこっていたフェッシェンコイK. fedtschenkoiが跡形もなくいなくなっていましたが、かろうじて残っているものも含めて、8種が見られました。

 東京農大といえば、湯浅浩史先生が数度にわたるマダガスカル調査旅行に行かれ、カランコエでも様々な発見をしたことで知る人ぞ知る、です。人気の月兎耳の様々な変種も、この調査時に日本に持ち込まれたといいます。でも私には、この辺の詳しい報告書や論文は発見できないでいます。マダガスカルの貴重な情報が沢山ある筈ですので、何とかならんものかと忸怩たる思いがあります。

 今回見た種を並べると、ベハレンシス・ヒルデブランティ・錦蝶・不死鳥・ミロティ・ロゼイ・シンセパラ・月兎耳となります。後方の3種がかろうじて残っていた種です。

博物館全景:入場無料です
IMG_2906.JPG 
隣接する温室
IMG_2777.JPG 
温室への連絡口
IMG_2896.JPG 
倒れた茎から立ち上がるベハレンシスK. beharensis
IMG_2791.JPG 
素晴らしい色艶のヒルデブランティK. hildebrandtii
IMG_2810.JPG 
伸び伸び育っている錦蝶K. delagoensis
IMG_2812.JPG 
どこでも蔓延る不死鳥K.×houghtonii
IMG_2803.JPG 
気のせいか鋸歯の細かいミロティK. millotii
IMG_2820.JPG 
瀕死のロゼイK.rosei
IMG_2817.JPG 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村