So-net無料ブログ作成

春への扉 [flowers]

 今年は暖冬だ!と浮かれているうちに、春の扉が開いて花序が顔を出し、
IMG_1492.JPG 

 3月末に長かった冬が終わった。と、安心してベランダのフレームのビニールを外し、カランコエ達は外気に触れた。屋内に取り込んで衰弱しきった植物たちも外に出し、いきなり夜の低温という洗礼を受ける事になったが、それに余りある光の恩恵を受けて生命の萌芽が膨らみ始めた。
 しかし幸せは長くは続かないというありがちなフレーズ宜しく、4月に入って間もなく冬が帰ってきた。4/8は5年ぶりに4月の雪が降り、ここ埼玉では最高気温5℃という真冬並みの寒さであった。また慌てて一旦外に出したものを室内に取り込んだ。
 何かいつまでも恨みがましく冬ネタを続けてしまっているが、この冬ほど期待を持たせては爪痕を残していく長い冬はなかった。今週もうっかり出しっぱなしだったストレプトタンサの芽(頂芽)が枯れてしまった。例年より穏やかではあっても、12月初めから続いた長い冬はやはりカランコエにとっては死の季節だった。
 しかし皮肉な事に日照時間の短いこの冬こそ、カランコエのフラワーシーズンなのだ。比較的暖かな日もあったことから、休みに度々出かけては鉢花を衝動買いしてしまい、気がつくと冬の間に花ものカランコエを7鉢も購入していた。八重咲き3鉢、一重咲き1鉢、ベル型3鉢である。元々カランコエの花に惹かれて始めた趣味なので、店先できれいな花を見るとつい購入してしまうのだ。

 最近購入したもののひとつは、個人的には珍しくフィデス社のピトンと言うバイカラーの品種である。一重咲きだが、花のサイズが大きく色鮮やかで、店先で見たときは衝動買いを自粛する葛藤はあったが結局買ってしまった。何やらサブライム(サブプライムではない)シリーズというそうで、同シリーズのラインナップにはデンタータ・ラベンダーのような紫色のイサノという品種もある。これも欲しいのだが、売っているのは見た事がない。カランコエで淡い紫色の花というのは珍しいのではないだろうか。私の知っている範囲の原種では、カランコエ・ブ―ベティが同じような花色である。
 フィデス社もカランディーバやグランディーバといった八重咲きだけではなく、一重の品種にも魅力的なものがあるので、今後も目を離せない。

Kalanchoe ‘PITON’ これ見たら欲しくなりませんか?
PITON_1771.JPGPITON_1774.JPG 

もうひとつ、この冬の拾いものはカランコエ・ボヌールである。この品種は数年前に出回った(というほど出回ってはいないが)クヌート・イプセン社の八重咲きアフリカン・カランコエによく似ている。八重咲きアフリカンを入手し損ねて失望していたのだが、これを見つけたので何とか気が晴れたと言っても過言ではない。ついでに言うと同社のワイルド・フラワーシリーズも入手し損ねている。
ワイルドフラワーでは、
・デリケート ホワイト ブーケ
・チアフルオレンジ
この2つの品種が気になる。
(今でも入手できるところを御存じの方がいらっしゃれば、是非教えて下さい。)

Kalanchoe ‘bonheur’ さんざん迷ってこの色を買いました
bonheurIMG_1306.JPG 

ショップには黄色い花もありました
葉の形が違っており、来年またあったら買ってしまいそうbonheurIMG_1274.JPG

にほんブログ村 花・園芸ブログ 鉢花へ
にほんブログ村

街角のカランコエ;ひと冬限りのハッピーエンド [others]

 昨年の3月1日、自宅近くの薬局跡にあったプランターの胡蝶の舞は冬を越せずに全滅してしまったと思われた。しかし、その後も近くに行った際に見ていたところ、7月に1株だけ育っているのを見つけた。根の一部が死なずに根上不定芽を形成して再生してきたのだろう。この胡蝶の舞はK.laxifloraだが、近縁のフェッシェンコイK. fedtschenkoiで根から不定芽が生じているのを見た事がある。
 因みに以前ブログで書いたが、種としては胡蝶の舞はK.laxiflora、胡蝶の舞錦はK. fedtschenkoiである。実際は胡蝶の舞錦の斑なしのもの(つまりK. fedtschenkoi)も「胡蝶の舞」として流通している。ややこしいが、もともと両者は良く似ているし、カランコエマニア以外の人にはどうでもよい事であろう。
 最近K. fedtschenkoiはカランコエ・リンリンとかいう名でよく見かける。ただの商標なのか園芸品種として何らかの工夫があるのか、その辺はよく分からない。

ひと株生き残った胡蝶の舞を発見(2014/7/20)
140720.png 

 その後、薬局跡に開業した店が放置されていたプランターを管理するようになって、コリウスやセトクリセアと一緒に生き残った胡蝶の舞もお仲間として植え直されていた。

プランターがテコ入れされていた(2014/10/25)
141025.png 

 優しい店の人に巡り合って処分されずに生き延びた胡蝶の舞だが、たった1株では次の冬には確実に死んでしまうだろうと思った。ところがこの冬が比較的暖冬だったため、奇跡的にこの株が生き残ったのだ。

1月末には花序の形成も始まっていた(2015/1/31)
150131.png 

 この子が生き残ると思っていなかったので、このプランターが死滅する前に一節持ち帰った個体は、我が家で開花した。

胡蝶の舞K.laxifloraの花
IMG_0627.png 

 写真こそ取り損ねているが、4月になった今もしっかり生き残っている。今年はかなり繁茂するのではないかと思う。

3月には蕾が形成されていた(2015/3/21)
150321.JPG 

 ハッピーエンドとは、その時点でハッピーエンドであってもお話しはまだその先が続くので、必ずしも最後は分からないというようなことを昔、楳図かずお先生が言っていた。この胡蝶の舞も次の冬はどうなるか分からないが、取りあえずこの冬はハッピーエンドに終わった。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 鉢花へ
にほんブログ村
タグ:胡蝶の舞