So-net無料ブログ作成
検索選択

子宝草目録2-⑤ Suffrutescentes/その他の近縁種 後編 [taxonomy]

 前回はラクシフローラ型の仲間を紹介したが、今回はその続きである。

 この仲間で一番特徴的な葉を持つのがセラタK. serrataである。ラクシフローラ型の他種と混同する恐れはないにもかかわらず、この植物に関しては誤認が甚だしく、googleで画像検索しても本物の写真が殆ど引っかかってこない。海外では多くの人が不死鳥の類(この言い方は不自然ですが、近い将来別の記事で解説予定です)をこれと勘違いしているようだ。種小名は「鋸歯のある」の意なので、確かに不死鳥類は鋸歯が目立つのだが、全くの間違いである。また国内ではKalanchoe節に属すると思われる種が「セラタ」の名で販売されているらしく、ネット上に鈍鋸歯のある一般的なカランコエの写真がヒットする。
 更に書物を見てもSajeva,M. and M. Costanzo(2000)"SUCCULENTS Ⅱ: The New Illustrated Dictionary"とか佐藤(2004)「世界の多肉植物 2300種カラー図鑑」といったスタンダードなものでさえ、K. laxiflora ssp. violaceaとおぼしき植物をKalanchoe serrataとして写真を載せている。僅かに小学館の「園芸植物大事典」に載った写真が本物と思われる。

 セラタはアンドリンギトラAndringitraを中心としたマダガスカル中南部に分布しているとされ、1947年にMannoni & Boiteauが記載している。幸いなことに原記載図が添えられているので、不死鳥やラクシフローラと似ていないことが一目瞭然である。何故このような誤謬が蔓延っているのか不思議だが、Lexiconの著者のJacobsenが"A Handbook of succulent plants”にKalanchoe serrataと称してK. roseiの変種であろう植物の写真を載せている。この植物は細い葉で葉縁全体に鋸歯があるので、これを不死鳥類と勘違いした人々がK.serrata=不死鳥類という誤謬を流布したのではないかと思われる。


セラタKalanchoe serrataの原記載図(Notulae systematicae 13:151, 1947)
Notulae systematicae.jpg 

実際のセラタはこのような植物である

serrataIMG_5179.JPG

 

 さてラクシフローラ型の最後の1種は葉が大型になるワルトハイミィKalanchoe waldheimiiである。学名はラテン語なのでラテン読みでも英語読みでもよいが、人名由来の種小名はその人名の発音で読むのが一般的だ。しかし通常はなかなか元の人名がどこの人で何語の発音が良いのか判断するのは難しい。Waldheimはロシア人なのでこの植物の名はロシア人名のカタカナ表記に倣ってワルトハイミィとしたが、発音からするとウォールトヒムイと書いた方が近いかも知れない。とりあえずここではワルトハイムと読むことにして種小名はワルトハイミィとし、いずれどこからかクレームが来たら直そうと思う。

 ワルトハイミィの葉の形状はフェッシェンコイと似たようなものなので、若くて葉の小さい株では区別が難しい。フェッシェンコイより葉が肉厚な印象はあるが、感覚的なものでしかない。たまたま売っていたとしても見分けがつかず、狙って入手するのは難しいかも知れない。マダガスカル中部原産。


フェッシェンコイによく似たワルトハイミィK. waldheimii
waldheimiiIMG_5669 (2).JPG 


 改めてリストアップしてみるとラクシフローラとフェッシェンコイの区別さえつけば、フェッシェンコイとロカラナ・ワルトハイミィを混同することはあっても、マルニエリアナ・セラタ・テヌイフローラは識別が容易なのでそれほど混乱しないかもしれない。むしろラクシフローラの種内変異の方が難解かも知れない。


 ラクシフローラ型の現在知られている種については以上である。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0