So-net無料ブログ作成
検索選択

新世界へ... [others]

 以前からネットや雑誌上の情報で、切り花のカランコエがあるということは知っていた。クヌート・イェプセン社でもQueen Cut Flowersという切り花のシリーズを販売していてHP上でも紹介している。しかし、切り花のカランコエを実際に目にしたことはなかった。園芸の趣味はあっても、生け花的な趣味はなかったのだ。

 と書いて誤解を招くといけないので少し脱線すると、同じ「花」を対象としていても接し方・楽しみ方は人それぞれで、良し悪しや優劣の問題ではない。
 このブログでのニックネームから分かる人には分かるかもしれないが、私は(メインの興味対象ではないが)淡水魚にも関心があって、ある類の魚に分類学的興味を持っていたことがある。しかし同じく淡水魚が好きと言っても飼育を趣味とする人、釣りを楽しむ人、料理を食べるのが好きな人などアプローチの仕方は人によって様々であり、各々別の分野である。そういう意味で私にはカランコエを生けて飾ったりする趣味はないということで、他意はない。

 少々遠回りしたが、要は切り花売り場は覗いたことがなかったので、必然的に切り花カランコエには遭遇しなかったということである。
 そんななか、2月の初めの会社帰りにふと駅の花屋の切り花が目について、近寄ってみると丈のある八重咲きのカランコエであった。黄色と赤色の2本が容器に挿してあり、結構いい値がついていた。その日は金曜であったが、写真を撮らせてもらおうと思って週明けの月曜に再び花屋を訪れると、既に売れてしまったのかカランコエの姿はなかった。
 少し落胆してふと目を上げると、別な場所にセイロンベンケイソウの花序が大きな蕾(実際には萼筒)をたわわに付けて切り花として売っていた。以前ネットで見てこれが「カランコエ・グリーンアップル」の名で出ていることを知っていたが、初めて目にした。早速店のお姉さんに撮影の了解を頂いて2枚撮影した。
 しかしセイロンベンケイソウの萼筒は大きく見栄えもよかった。我が家では大きく育てたことがなく、花も咲かせたことがないが、今度少し頑張ってみようかと思えた。

 切り花という新しい分野を見出して、またひとつ冬の楽しみが増えた。

IMG_2562.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: