So-net無料ブログ作成

子宝草目録2-② Suffrutescentes/胡蝶の彷徨い [taxonomy]

 前回中途で終えてしまったフェッシェンコイKalanchoe fedtschenkoiであるが、要するによく見かける胡蝶の舞錦のノーマルな個体(斑がないという意味)である。無斑胡蝶の舞錦などというややこしい名前はないので、ここではフェッシェンコイとしておく。葉の外輪に斑が入る(覆輪)のが胡蝶の舞錦で、中斑のものは某通販サイトで「胡蝶の幻」の名で販売されているが正式な和名や園芸名が存在するのかは知らない。
 マダガスカル中部から南東部に分布しており、イザロ国立公園周辺には別変種K. fedtschenkoi var. isalensisが見られる。この変種の特徴は枝がすみれ色で、花は小さく深い赤色と言われる。
 基本的に葉の上部に鈍鋸歯があるが、葉全体に鋸歯が及ぶものも見られる。2008年にISIでKalanchoe laxifloraとして紹介された葉全体が鋸歯に覆われた個体は、その後Kalanchoe fedtschenkoiであると訂正されたが、実際はKalanchoe serrataのバリエーションではないかとの憶測も囁かれている。

フェッシェンコイKalanchoe fedtschenkoi
01_ fedtschenkoi#1.JPG 
葉の全縁に鋸歯のある個体K. fedtschenkoi
02_ fedtschenkoi#2.JPG 
胡蝶の舞錦 'Marginata'
03_ fedtschenkoi'Marginata'.JPG 
胡蝶の幻 'Variegata'
04_ fedtschenkoi'Variegata'.JPG 
斑の入るもの
05_ fedtschenkoi#3.JPG 
ISI2008-21 これはfedtschenkoiなのかserrataなのか
06_ISI 2008-21.JPG 

 フェッシェンコイ繋がりで言うと、いつも引用しているBoiteauと Allorge-BoiteauのKalanchoe de Madagascar(1995)にfedtschenkoi×roseiの自然交配種存在が報告されている。これはマダガスカル南部のブアラBehara産であるが、その更に北部のAndringitraでも見つかっている。外見的にはフェッシェンコイの葉にラクシフローラのような葉柄と基底部の反りがあるような植物で、本当にこの2種の交配種なのか、どうやって判断したのか分からないが園芸的には判別可能なので、ここでも触れておきたい。

 さて、本物の胡蝶の舞はマダガスカル中東部に分布する草本性のKalanchoe laxifloraである。紛らわしいので今後はラクシフローラの呼び方で統一したい。この種は変異が多く3つの亜種に分かれるとされているが、それ以外にも10以上の型が知られるという。但し、それらが記載された文献があるわけではなく各々の変異の差異については確認のしようがない。
 3つの亜種はBoiteauとMannoni(1949)によりviolacea、stipitata、subpeltataとして記載され、その後Jacobsen(1970)やRauh(1995)はそれを変種として扱った。よく分からないのはBoiteauとMannoni(1949)は3亜種の記載時にlaxifloraやtypicaといった基亜種は記載していないことである。同じ記事でK. fedtschenkoi var. isalensisの原記載も行っており、そこでは基変種typicaの記載もあるのでもしかするとlaxifloraに関してはviolaceaあたりを基亜種として考えているのかもしれない。と思っていつものBoiteauとAllorge-Boiteau(1995)を見ると、Kalanchoe laxiflora ssp. laxifloraの名がありKalanchoe laxiflora ssp. violaceaをそのシノニムとしていた。しかしKalanchoe laxiflora ssp. laxifloraという亜種が記載された記録はないので、命名規約上Kalanchoe laxiflora ssp. violaceaに先取権がある。
 Rauh(1995)は3亜種を3変種として扱っているが、BoiteauとAllorge-Boiteau(1995)の分布図を見る限り3つの亜種は分布が混在しているので変種として扱った方に説得力を感じる。
 Rauh(1995)から3つの亜種(変種)の区別法を引用しておくが、あまり役には立たない記述である。

Kalanchoe laxiflora ssp. violacea 
 葉縁は赤紫、耳状部(葉身基底部の反りのこと)は目立たない、萼は紫色、花冠は赤またはピンク。
Kalanchoe laxiflora ssp. stipitata
 葉には茶色い斑があり、耳状部は殆どない、花は明確な小花柄がある、花冠は赤もしくは黄色がかったオレンジ。
Kalanchoe laxiflora ssp. subpeltata
 葉縁は鋸歯の切れ込みに目立たない赤い斑があり、耳状部は大きい、花冠はオレンジがかった赤。

一般的に見られるラクシフローラ。これはsubpeltataに相当する
07_laxiflora#1.JPG 
これもsubpeltata
08_laxiflora subpeltata.JPG 
こちらも良く見られるタイプでstipitataに相当
09_laxiflora stipitata.jpg 
縁取りが美しいviolacea
10_laxiflora  violacea.JPG 
これも花からするとlaxifloraだが.....
3亜種には当てはまらない
11_lax or fed or so.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0