So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

温室のカランコエ;神代植物公園 [others]

 10年近く行ってなかったが、諸事情(家族の希望)からGWに深大寺に行くことになった。となれば神代植物公園に寄らない訳にはいかない。2011年に訪れた時の記録では温室入り口の近くにキンチョウ、セイロンベンケイソウ、クローンコエ、月兎耳の4種があったのみであるが、近年温室内は改装されたとも聞いていたので、多少の期待感はあった。

期待高まる彼方の大温室
IMG_0109.JPG 
ここが乾燥地植物の部屋
IMG_0260.JPG 

 売店を物色し、シャクナゲとさくら草を見て、バラ園で早咲きのバラを楽しんだ後、やっと温室に辿り着いた。温室の内部は熱帯植物、ラン・ベゴニア、熱帯スイレン、小笠原の植物、乾燥地の植物と分かれていて、最後の部屋に至るまでカランコエは見つけられなかった。そして最後の乾燥地の部屋に入るとベハレンシス(仙女の舞)K. beharensisの姿が目に飛び込んできた。そこで期待感は一気に高まったが、その後その隣に「唐印」が植わっている以外カランコエがない事が分かって落胆してしまった。
 ベハレンシスは高さ1.2m位、ノーマルタイプのものだと思ったが、よく見ると2本植えてあった。1本はノーマルで枝分かれしており、葉に切れ込みがある茶色の毛のタイプだ。もう1本はよく見ると葉に切れ込みがなく、茶色であった。これはノーマルタイプが新しい葉でたまたま切れ込みがないものか、インテリアショップにある茶毛で切れ込みなしのタイプなのかは判然としなかった。

ベハレンシスは小ぶりのものが2株あった
IMG_0275.JPG 
切れ込みのあるノーマルタイプ
IMG_0273.JPG 
切れ込みなしタイプ
IMG_0274.JPG 

 「唐印」は3株あり、一見してK. luciae即ち紅唐印であったが、名札はK. thyrsifloraなっていた。この2種は和名(流通名?)がいい加減で、巷ではどちらも「唐印」と呼ばれているので、唐印と呼んでも間違いではない。しかし学名は明確に別種を区別するので、この場合は「間違い」であるからややこしい。別種に同じ日本語名を付けてくれるな、と言いたい。
 しかしこんなに立派な温室にたった2種とは失望もしたし、報告もつまらないものとなった。

どう見てもK. luciaeだ
IMG_0270.JPG 
しかし名札は・・・
IMG_0271.JPG 

 今回は時間がなくて見られなかったが「植物多様性センター」という施設が新設されていて、そこの博物館へ行くと何かカランコエ絡みの展示があったかもしれない。可能性は著しく低いが、行けなかったことで妄想が膨らむのは世の常である。
 ともあれ、また10年くらいしたらもう一度行ってみるかもしれない。

nice!(1)  コメント(0) 

子宝草目録4-④ Proliferae/羽状葉のブリオ達 [taxonomy]

 小さな葉が連なってひとつの大きな葉を構成するようなタイプの葉を羽状複葉といい、マメ科植物やサンショウに代表される。前回紹介したセイロンベンケイソウKalanchoe pinnataも学名からして羽状葉の種であるが、常に羽状複葉を形成するわけではない。しかし、カランコエのこのグループにはベンケイソウ科には稀な羽状複葉の種が他にも3種揃っている。

 よく見かけるのは高さ3mと大型になるプロリフェラKalanchoe proliferaである。マダガスカル中部原産だが大陸アフリカでも帰化して手こずっているようである。反面、我が国では大型の鉢に植えたものがインテリア系の店でも扱われている。最近この種をセイロンベンケイソウと間違って(「偽って」ではないだろう)表示した鉢植えをよく見かける。
 まだ小さな苗のときは複葉ではないが、少し育つとすぐに複葉になる。ある程度育つと葉に皺が入ってきて委縮したように見えるのが残念だ。葉を切り取って土の上に置くと葉縁だけでなく葉軸や花序からも不定芽を生じる。萼筒が緑で角ばり、赤い花と相まって美しい。
 セイタカベンケイのところで述べたように夏季は薄手で一般植物のような葉だが、冬季には固く多肉質の葉が生じる。一般的な花卉でもマーガレットは夏に多肉、冬に普通の葉となり、このような変化は興味深い。プロリフェラはまた、葉裏に甘露を分泌する。虫が集まりそうなので庭で栽培するときは覚悟したい。

複葉が発達するプロリフェラKalanchoe prolifera
prolifera01IMG_5630.JPG 
冬季は多肉植物に
prolifera02P1230054.JPG 
苗はまだ単葉である
prolifera03PC070036.JPG 
葉軸から出芽
prolifera04IMG_6659.JPG 

 プロリフェラによく似るが小型のKalanchoe rubellaはマダガスカル中東部に分布している。こちらはプロリフェラのように季節で葉の厚みは変わらず、委縮もしてこない。種小名のルベラは英語では風疹を意味するが、語源としては赤みがかったという意味である。成長すると葉軸に赤みがつき、葉には斑が入る。

プロリフェラより鋸歯の目立つKalanchoe rubella
rubella01 IMG_6299.JPG 

不定芽から育った苗
rubella02 IMG_0123.JPG 

少し成長して斑の入った葉
rubella03 IMG_5617.JPG 

 羽状複葉タイプにはもう1種、1997年に記載された小ぶりのKalanchoe curvulaがある。マダガスカル北部産と示唆されているが、タイプ標本はアンタナナリボ(タナナリボ)の植物園の産である。ICNのサイトによれば以前本の紹介記事に載せ、前の方の回でKalanchoe mortageiの写真を引用したHamet and Marnier-Lapostolle(1964)にKalanchoe rubellaとして載っている写真が実はこのKalanchoe curvulaであるという。

問題の写真:キャプチャーは間違いで実際はKalanchoe curvula
curvula IMG_0597.JPG 


nice!(1)  コメント(0) 

子宝草目録4-③ Proliferae/有史以前の世界進出 [taxonomy]

 最も有名なカランコエはセイロンベンケイソウKalanchoe pinnataかも知れない。世界中とは言わないまでも、多数の温暖な国々に進出している。沖縄や小笠原など国内でも帰化している。マダガスカル原産だが、和名はセイロンベンケイソウである。帰化植物をスリランカ産だと思って名付けたのだろう。名前自体は悪くない。
 諸々の情報を当たるとブリオフィルムの原産地を「マダガスカル、熱帯アフリカ」としている。この「熱帯アフリカ」というのは有史以前(といっても西洋基準なのでたかだか2,000年より前)にマダガスカルから大陸にもたらされたセイロンベンケイソウのことを指していると思われる。元ネタは特定できないが、最初に権威者が書いたものを盲目的に何十年も孫引きしてきたのだろう。この問題には今はこれ以上触れないが、昨年書いたクローンコエ同様の例である。
  といいつつもこの種が大陸移動する前(1億年から7千万年前?)から存在していて、故にそこから散らばったアフリカ大陸・マダガスカル・インド(及びスリランカ)には最初から分布していたのではないかと言うことを言い出す人がいるかもしれない。しかし、それにはその時期に散らばったセイロンベンケイソウがマダガスカル以外では分化しなかったという無理のある仮説が必要となる。

 さて学名のpinnataは「羽状の」の意で調子よく育てると羽状複葉(複数の小葉からなる葉)になる。家で適当に育てていると、ちょっと複葉っぽくなってもすぐに何かをぶつけて落葉させてしまったり、次の新しい葉は複葉にならなかったりとうまくいってない。雑草のようでもあり、多肉植物としては見向きもされないようだが、個人的には大変美しい植物だと思う。


陽光の下に葉が美しいセイロンベンケイソウKalanchoe pinnata
pinnata01.JPG 
基変種は少なくとも複葉5枚にはなる
pinnata02.JPG 

良い写真がなかったが、萼筒はリンゴのような模様がある
pinnata03.JPG 

温暖な地では容易に増殖し帰化する
pinnata04.JPG 


 かつて基変種を除き次の4変種が記載された。
Kalanchoe pinnata var. floripendula
Kalanchoe pinnata var. genuina
Kalanchoe pinnata var. brevicalyx
Kalanchoe pinnata var. calcicola
現在ではすべてKalanchoe pinnataのシノニムとされているが、Kalanchoe pinnata var. brevicalyxとKalanchoe pinnata var. calcicolaの2者はかつてBoiteau et Allorge- Boiteau (1995)により、別種に昇格されたことがあるので、無視できないかと思う。
これら2つの変種の特徴はというと、
Kalanchoe pinnata var. brevicalyx:萼は発達すると直径10mm、長さ10mm、萼片は肉厚で非常に短く2mmを超えず、緑色で、多かれ少なかれ規則的な蔓状のラインがある。複葉は最大7枚、葉の縁は赤色。
マダガスカル北西部で見つかっている。
Kalanchoe pinnata var. calcicola:萼は非常に長く、長さ45mm以上、基部の直径12mm。萼片が直径20mmに分裂するまで伸長する。かすかに緑色で明るい斑がある。複葉は3枚以上にならない。
マダガスカル北端で見つかっている。
これに対し、基変種が区別できないのだが萼筒が10mm以上だが、45mmというような巨大にはならないで、葉の縁が紫から赤紫、複葉が5枚になるなどの特徴で判断していくくらいだろうか。基変種でない上記の変種が園芸的に知られているとは思えないが、肉厚でよく羽状複葉が発達する少し変わったものが見られ、個人的にbrevicalyxっぽいと思ったりしている。


肉厚の個体、成長すると葉縁は細く赤い縁取りが入る
pinnata_B02.JPG 

この品種?は容易に複葉になる
pinnata_B01.JPG 


 栽培品種的なものを紹介するとマジックベル“Magic Bell”なる名称で売られているものがあるが、普通の基変種とどう違うのであろうか。あるマニアの方によると彼の経験上、この品種?は複葉3枚までしかならないという。私なぞは普通のセイロンベンケイソウも3枚までしか育てたことがないので、この違いは自力で解決出来そうにない。実際はただの商品名ではないかと思っている。
 その点、クヌート・イェプセン社のKalanchoe pinnata ‘Zanzibar’(本来ならば“Zanzibar”と表記すべきだろう)は写真を見る限り萼筒の感じが少し変わっていて、栽培品種と見做して良いかも知れない。昨年輸入元に問いあわせたときは試作中との事だったが、そのうち国内でも入手可能になるのではないかと期待している。
 また、以前ネット検索していたらセイロンベンケイソウの斑入り個体と見られる写真があった。こういうものにあまり興味はないのだが、実物は美しいかも知れない。


マジックベルの苗“Magic Bell”
pinnata_C.JPG 

nice!(0)  コメント(0) 

街角のカランコエ;春の東京と埼玉 [others]

 4月からベランダのフレームにかけたビニールも外せて、カランコエのシーズンが始まる。同時に冬の間は出不精になっていて休眠していた家族サービスも再始動し、急に忙しくなる。
 そんなわけで青山へ出向いて界隈を歩くと(1月の極寒の日々を乗り越えて)生き延びたカランコエ達を見ることができた。

ベハレンシス、唐印、街角の花
IMG_9243.JPG
IMG_9270.JPG
IMG_9319.JPG 
 
 

 また埼玉県の川越や近隣地へ行った時も、冬越ししたわけではないだろうが幾つか印象に残るカランコエを見たのでスナップしてみた。


街角で見た花もの
IMG_9696.JPGIMG_9798.JPG  

老舗うなぎ屋には八重咲きのウェンディ(サニーディ“Sunny balloon”)が
IMG_9697.JPG 
近郊の街の電器屋にはミラベラとキンチョウがあった
IMG_9881.JPG 

 今回は何の意味もない内容だが、シーズン到来、ということでお茶を濁してみた。

nice!(1)  コメント(0) 

子宝草maniaへの道 [others]

 無理してマニアになろうとして、2年前から子宝草のコレクションというマニアの王道的な行動に走った。この仲間は栽培が容易な丈夫な種が多く、スペアの個体も不定芽で容易に増やせると思ったからだ。
 ちょっと脱線して以前も書いたことを繰り返すが、月兎耳やその他ある種のカランコエのように千切れた葉の葉柄部から出芽したものも不定芽である。ただここでいう子宝草は葉縁に不定芽を複数生じるものを言っている。
 話を戻して子宝草の類はいくらでも増えるから良いと考えていたが、思わぬ難しさがあることに気づいた。私はベランダ―なので、置き場所を有効活用するために3~4段のフレームの棚に鉢を置いている。すると自然と不定芽が下の鉢(や隣の鉢にも)落ちて芽吹くことがある。これがキンチョウやクローンコエのような特徴的な種であれば特に問題はない。しかし黒錦蝶や不死鳥の類だとどれも似たようで場合によっては成長しきっても判別が難しかったりする。
 ラクシフローラの変種は自然に不定芽が落ちることが稀なのでまだ良いが、もし混じってしまったら本当にアウトだ。成長しただけでは区別がつかず、花を解剖しても決定的な区別が難しい。

 そこで似たようなタイプの植物は遠く離れた場所に置き、その近くの鉢に宿った不定芽は泣く泣く処理するか、似た種の近くに移動しないよう配慮する。何よりもネームプレートは必須だ(と分かっているが徹底できていない)。安易に考えていたが、いざコレクションするとメンテが大変なことを知った。いい加減整理しておかないと自分でも由来が分からなくなるので、早々に整理整頓を始めようと(少なくとも心の内では)思っている。

 一方なかなか不定芽が生じなかったり、生じても小型で育てるのが難しい種類もある。前者はロゼイの変種の一部、後者は長葉タイプのシコロベンケイなどである。またフミフィカのように不定芽の成長が遅い種類もある。これらの子宝草はやたら増えることはないが、増やしたいときは積極的に不定芽を生じさせる必要がある。
 こういうのは結構楽しい。同様に楽しいのは、一般に不定芽が生じると知られていないような種に不定芽が生じたときである。

 子宝草も集めてみれば種類が多く、コンプリートは不可能だがなかなか良い趣味に巡り合えたかもしれない。


子宝草の鉢には子宝が
IMG_9611.JPG

nice!(1)  コメント(0) 
前の5件 | -