So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

子宝草目録3-④ Bulbilliferae/レプトフィルムの迷宮 [taxonomy]

 Bulbilliferaeには一連のK. ×houghtoniiの仲間以外にもシコロベンケイK. daigremontianaと他種との交雑によると思われるものがある。私の知る範囲で3タイプあり、どれも似たようなものである。
 ひとつ目は国内ではシコロベンケイの細葉タイプと思われているが海外のマニア間ではMoullecと呼ばれるもので、この植物を発見?した人の名がそのまま俗称として使われているが、栽培品種名などはない。米国ではこの品種が導入された2001年当時シコロベンケイと何の交配種なのか憶測が飛び交い、ガストニス・ボニエリ、モルタゲィ、ヨングマンシーなどが疑われたが結果は分からず終いである。
 かなり特徴的な外見であるが不死鳥に比べて葉が長い分、不定芽の生産量が多く不死鳥以上に蔓延る傾向がある。

 ふたつ目は外見上前者と区別がつかない。実際のところどちらが本当にオリジナルなものか分からないと言っても過言ではない。そこで今ここで仮に前者をM1、後者をM2と呼ぶことにして、両者の違いは萼片の先が花筒に密着している(M1)か、外に反り返って開いた状態になっているか(M2)である。つまり花が咲かないことには区別できない。
我が家では既にM1があちこちに飛び火した後でM2を入手したため、M2を4箇所以上に増やさないように注意しているが、超過密で栽培しているため漏洩は免れない。そういう意味では栽培は容易だが、管理は難しい植物だ。

M1:シコロベンケイ細葉タイプMoullec
M1_7163.JPG 

M2:上の写真より若い個体、実際は違いが分からない
M2_7164.JPG 

M1(上)とM2(下)の花、萼に注目
M1 flower.JPG 
M2 flower.JPG 


 残るひとつはISI2007-25として紹介されたParsel Tongueだ。小包parcelではなくparsel?などと不思議に思った名だが、有名な魔法小説に出てくる言葉で「蛇語」みたいな意味らしい。ISIのHPには極端に多肉質になった個体の写真が載っており、その爬虫類のようなイメージからこの名を付けたらしいが、それならもっとましな名を付けて欲しかった。
 HPの説明ではK. ×houghtoniiの中から現れた突然変異のようなことが書いてあるが、ICNによると交配種ではなく、シコロベンケイの一品種ではないかとある。
 M1、M2との大きな違いは成長した株では葉柄が葉身に大きく食い込んで盾状葉となり、しかも葉身の基底部が漏斗状になるので特徴あるカップ状の葉を持つことである。M1、M2の方は盾状葉が現れることもあるが、基本的にはシコロベンケイの葉を細長くしたような感じである。

 これら3種は先に少し触れた長葉のシコロベンケイとは異なり、かなり細長い葉をしている。写真ではあまり実感が湧かないが、現物を見ると全く違うものである。Parsel TongueはともかくとしてM1、M2は多くの不定芽を付けることから、両親の片方はヨングマンシー等ではなくロゼイやK. ×houghtonii類なのではないかと思われる。しかし花はキンチョウに似たK. ×houghtoniiとは違い、長葉のシコロベンケイによく似る。

Parsel Tongue:M1、M2に似るがやや肉厚か
US Parsel TongueIMG_7196.JPG 


 これでBulbilliferaeも大体整理がついたが、まだ謎は多そうだ。

nice!(0)  コメント(0) 

子宝草目録3-③ Bulbilliferae/ハイブリッド・フェニックス [taxonomy]

 葉縁不定芽を形成する子宝草のうち、「雑草」として多肉植物愛好家に忌み嫌われている代表例はキンチョウ(錦蝶)と不死鳥だろう。標準和名ではないので、不死鳥は漢字のままである。これを「ふじちょう」と読む人もいるが、常識的には「ふしちょう」だろう。また「鳥」の代わりにカランコエっぽく「蝶」の字を当てることもあるが、一般的には「不死鳥」と表記されている。
 少し補足すると標準和名はカタカナで表記するものだが、ごく少数の例外を除いて標準和名を持つカランコエは殆ど無いのが実態のようだ。当ブログでは標準和名がない種でも、学名のままの名前はカタカナ表記をしているので、御留意願いたい。

 不死鳥は嫌われ者なのでマニアックな多肉愛好家は目もくれない存在かも知れないが、実はなかなか難しい一群である。この植物は人為的に作出された交配種でキンチョウKalanchoe delagoensis×シコロベンケイKalanchoe daigremontianaである。元々この交配種を作ったホートンA.D. Houghtonが1935年に報告したため、長らくKalanchoe “Houghton's Hybrid”と呼ばれていたが2006年にフロリダで帰化したもの(元々米国で作出したものなので「帰化」と言っていいのかは?だが)を元にWardが新種記載した。
 この記載名がKalanchoe ×houghtoniiで、これで不死鳥に学名がついて一件落着と思っていた。ところがキンチョウ×シコロベンケイの交配種はひとつではなかったのだ。
※以前書いた記事ではこの辺を勘違いしていたので、過日【訂正追記】を入れておいた(シコロベンケイと不死鳥;http://kalanchoideae.blog.so-net.ne.jp/2014-03-08)。
 
 園芸的に出回っている子宝草を整理したShaw(2008)によると、この交配種は4倍体で稔性のあるものと3倍体で稔性のない2タイプが知られている。前者は外見がシコロベンケイに似て、後者は両親の中間型だとしている。私の知るところではもう1タイプ、キンチョウ似のものもあるので外見からは3タイプに分けられる。ここではこの3タイプに分けて整理してみる。

1.シコロベンケイタイプ
 これがWardにより記載されたK.×houghtoniiに代表されるもので、日本で一般的に見られる不死鳥に比べ、丈も葉も大型になる。私見ではここに含まれるものも幾つかある。海外のサイトでは良くこのK.×houghtoniiをシコロベンケイK. daigremontianと混同している。
米国のナーセリーGHWで扱っている‘Jaws of Life’という品種(?)もこのタイプであるが、正直K. ×houghtoniiとの区別が良く分からない。Jaws of Lifeとは変わった名だが、これは大きなハサミやペンチのような機材のことで、事故現場にて車のドアをこじ開けたりして人命救助に活躍する。
 2014年に記載されたイベリア半島産のKalanchoe ×houghtonii‘Garbi’もこのタイプと思われる。
 もうひとつ、これらによく似るが花が異なるタイプがある。前2者の花がキンチョウに似るのに対し、これはすこし萼筒が大きくラクシフローラにも似た花を咲かせる。いずれにしろこのタイプの植物は国内では時々しか見かけない。

不死鳥よりもシコロベンケイのような葉のKalanchoe ×houghtonii
x houghtonii IMG_6678.JPG
x houghtonii IMG_0706.JPG 
‘Jaws of Life’とされる植物(上とどう違うのか?)とその花
Jaws of LifeIMG_0697.JPG
Jaws of LifeIMG_4455.JPG
Jaws of LifeIMG_3199.JPG 

2.中間タイプ
 これは一般的な不死鳥と不死鳥錦である。JacobsenがHandbook of Succulent Plants(1954,1960)でKalanchoe ×hybridaとして載せたため、“Hybrida”と呼ばれるようになったが、その本の写真をみると不死鳥よりはK. ×houghtoniiやK. roseiの変種に近い外見をしている。誤認があるのだろうが、そこに至った詳しい経緯は分からないので、ここでは一応不死鳥=“Hybrida”として扱っておく。不死鳥錦は海外では‘Pink Butterflies’という品種名で知られる。

不死鳥“Hybrida”と不死鳥錦‘Pink Butterflies’
不死鳥P5270246.JPG
不死鳥錦P5160135.JPG 

3.キンチョウタイプ
 これは(育ち方にもよるが)一見キンチョウと見まごうものであるが、K. ×houghtoniiとキンチョウの中間型のような外見である。これはほとんど見かけることがないようだ。

ある程度成長した個体(上)と若い個体(下)
BlattIMG_5565.JPG
BlattIMG_0339.JPG

タグ:不死鳥
nice!(1)  コメント(0) 

温室のカランコエ;SOLSO FARM [others]

 もののついでにオシャレ系の植物売り場?に立ち寄ることが時々ある。以前にも記事で書いた様に、今日ではインテリアやオーナメントの一環として植物は欠かせないものとなっている。しかし残念なことにその手のショップや売り場には干からびたティランジアやリプサリス、徒長がひどい多肉植物が付き物だ。植物は生物であって、単なるグッズではない。物として扱う姿勢には抵抗を覚えてしまう。
 そんな中、田園都市線にある某大型書店の一角に構えたSOLSO HOMEの売り場に寄ったとき、店の人が吊り下がった着生植物にこまめに霧吹きをしているのを目撃した。ここでは植物の世話をまとも行っているのだなと感じ、本店の方も行ってみたくなった。

 今は昔のことになってしまったが、日差しの気持ち良い春の休日に川崎市にあるSOLSO FARMを訪れた。何やら週末のみオープンしているとかで、主に若い夫婦や家族連れで賑わっていた。敷地は広く、何棟もの建屋に様々な植物が展示してあり、さながら無料植物園のようであった。それもオシャレ系からマニアックなものまで種類も豊富だ。個人的に特に印象深かったのは、巨大に育ったビカクシダやティランジア、最近流行りのプロテアやディスキディア等である。
 ひと通り見物してお目当てのサボテン・多肉棟へ行くと多様な多肉植物に交じって10数種類のカランコエを見ることができた。残念ながら植物を購入することはなかったが、いずれまた訪れてみたくなるような店であった。

店の入り口付近
IMG_3866.JPG 
パリ・パリ・パリ
IMG_3914.JPG 
多肉植物棟
IMG_3959.JPG 
ファリナケアK. farinaceaの群生
IMG_3966.JPG 
美しいオルギアリスK. orgyalis
IMG_3994.JPG 
巨大に育ったファングK. beharensis‘Fang'
IMG_3972.JPG 
インテリアショップで流行りのタイプのベハレンシスK. beharensis
IMG_4003.JPG 
枝ぶりの良いアルボレスケンスK. arborescens
IMG_4008.JPG 

ベハレンシスは私個人としては置き場所の関係があって、品種レベルで手を出すのはやめておこうと思っていた。
だが記事を書いていて触発されてしまい、つい先日、吉祥寺で安価に売っていたためついつい連れ帰ってしまった。

「4ひきのねこ」さんにて
IMG_6930.JPG

nice!(1)  コメント(2) 

おもいでの夏 [cultivation]


 このようなタイトルにしたが、この夏に思い出となる特別な出来事があったわけではない。淡々と一日一日を過ごしてきただけだ。
 西日本は連日の猛暑で人々だけでなく他の動物も、植物も難儀だったと思う。こちら関東地方は6月から真夏日があり、7月には猛暑日まで度々あって長い夏の予感に気が滅入っていた。しかし8月に入ると大して暑くもなく、大半のカランコエはベランダであまりダメージもなく生き延びてくれた。
 例年のような犠牲者はなく、一番ダメージを受けたのはペルタータKalanchoe peltataだった。6月までは過去に例を見ないほど順調に葉が茂り大変素晴らしい状態であったが、ひと夏ベランダで過ごしたら葉はほとんど全て落ち、涼しくなってからも葉が育たず悲惨な状態だ。それでも完全に枯れることなく、夏越ししたと言えばしたとも言える。これは仕方なしに先日思い切って切り詰めた。

このように順調だったペルタータKalanchoe peltataが
peltata IMG_5418.JPG 

Kitchengia節は暑さに弱いのか、葉が落ちていって
peltata IMG_5518.JPG 

終にはこんな姿に

peltata IMG_6854.JPG 

 いつも夏に大ダメージを負って株を失ってしまうKitchengia節のもう1種、グラキリペスKalanchoe gracilipesはこの夏を無事に越すことができた。毎日天気予報を気にしていて翌日が真夏日と分かったら、やはり夏に弱い他の下垂型花卉達と共に前の晩に室内に取り込んだのだ。そのうち様子を見ながら33゜~34℃位までなら最も暑さに弱いグラキリペスとフィフィKalanchoe uniflora "Phi Phi"だけ取り込んで、35℃以上になるときはエンゼルランプ、シャンデリア、ウェンディも避難させた。グラキリペス×マンギニー(紅提灯)のハイブリッドであるテッサは暑さに強く、これまでも屋外で夏を乗り切っている。花はグラキリペス寄りだが、生理的にはマンギニーの形質が強いのかもしれない。
 毎日気温を気にしての出し入れは面倒ではあったが、確実な効果があった。幸運なことに暑い日が2、3日続いたら小休止のように涼しい日が訪れたので、1週間室内に入れっぱなしということはなく光量不足も解消できた。

 では何故ペルタータは屋外に取り残したのか。
室内に持ち込めないほど暴れて大きくなっていたためである。Kitchengia節そのものが暑さに弱いのか、グラキリペスについでペルタータも暑さには弱そうなので、来年は気をつけようと思う。
 ともあれこの夏はグラキリペスの夏越しに成功したという点では思い出の夏となった。

 
夏場はいったん成長を止めたが、秋には再び成長を始めたグラキリペスKalanchoe gracilipes
gracilipes IMG_6850.JPG

gracilipes IMG_6851.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

クローンコエ ~神話の崩壊~ [taxonomy]

 旺盛な繁殖力で巷に充ち溢れるクローンコエには、次の3つの「神話」がある。
1.和名はコダカラベンケイ(ソウ)
2.学名はKalanchoe  בCrenatodaigremontiana’
3.この植物はシコロベンケイKalanchoe daigremontiana と胡蝶の舞Kalanchoe laxifloraの交配種

このうち1.と2.については、以前否定しておいた。
(子宝草/クローンコエ http://kalanchoideae.blog.so-net.ne.jp/2014-01-11)
改めて簡単に述べると、
1.「クローンコエ」というのは多分商品名で、園芸的には「子宝草」と呼ばれる。和名はない。一方コダカラベンケイというのはKalanchoe daigremontianaの和名で、別名としてシコロベンケイがある。全くの別種である。このような誤謬の一因(主因?)はWerner Rauh著Succulent and Xerophytic Plants of Madagascar 2(1998)にて、当時まだ世間にほとんど知られていないクローンコエをKalanchoe daigremontianaとして写真を載せていたことかも知れない。

2.クローンコエの学名はこのブログで何回か紹介しているように1997年にDescoingsが新種記載したKalanchoe laetivirensである。Kalanchoe  בCrenatodaigremontiana’などという学名はなく、またこれは栽培品種名でもない (この辺の事情は後述する) 。

 以上は以前書いたことの焼き直しであるが、今回3.の交配種説について解明したので記しておこうと思う。
 以前にも触れたが、現在流通しているクローンコエという植物は1994年にマダガスカル南西部のToliaraで採集されたものである。どこかで交配して作出したものではない。その野生個体を増やしてISIが普及させたのだが、その際に以下のようなコメントを載せている。

ISI 95-36. “Kalanchoe sp.” is illustrated in Rauh’s Succulent and Xerophytic Vegetation of Madagascar, Vol. 2, p. 318, as a non-maculate form of K. daigremontiana. However, according to S. Jankalski it is Kalanchoe ‘Crenodaigremontiana’ Boiteau & Manoni ex Jacobsen (Bryophyllum _ crenatodaigremontianum Resende & Viana), a hybrid of K. daigremontiana and K. laxiflora (Bryophyllum crenata), reported from the wild but also recreated in cultivation by Resende.

 こんな情報と共に普及させたのだから、これに盲従した人が続出したのであろう。

 Jankalski氏が言うように(マダガスカルで採集された)クローンコエは本当にK. daigremontiana × K. laxifloraなのだろうか。上のコメントではResende & Vianaが「Bryophyllum crenatodaigremontianum」として記載したものがこの交配種で、それがクローンコエの正体だとしている。この学名をKalanchoe属に置き換えるとKalanchoe‘Crenatodaigremontiana’に変化する。さらに交配種ということでKalanchoe בCrenatodaigremontiana’となる。最近やっとこの論文(や別の関係した論文)を入手した。1965年のPortugaliae acta biologica誌に載った該当論文でResende達はK. daigremontiana × K. laxifloraの雑種を作出して、その累代の中で生じた変化について述べている。
 そして交配した雑種の写真を載せているが、クローンコエには見えない。3裂の欠刻葉の個体もあり、どう見ても別物である。実はこの組み合わせの雑種は国内でも得られていて、ある論文に花序の写真が載っている。著者の方に伺ったところ、やはりその組み合わせで得られた雑種はクローンコエとは異なっていたとの事である。

これがResende & Viana(1965)に載った雑種
IMG_4246.JPG
IMG_4247.JPG 

 人為的な交配種とは異なる野生採集株であるクローンコエは、K. daigremontiana × K. laxifloraではないということで3番目の神話も否定しておきたい。

 ここでもう一度2.の学名について触れておきたい。Descoingsがクローンコエを新種記載した際には、巷で氾濫する‘Crenatodaigremontiana’(‘Crenatodaigremontianum’)などという「学名」には触れていない。実はこの名は学名でも何でもなく、Resende & Viana(1965)が論文の中で雑種を仮にそう呼んだだけだ。栽培品種名ですらない。

そのエビデンスとしてResende & Viana(1965)を参照願いたい
IMG_4243.JPG
Resende et al. 1965.png 

  上の写真のような事情であるから、交配種説と似非学名についてはJankalski氏の勇み足であると言わざるを得ない。もっとも実際のK. daigremontiana × K. laxifloraの正逆の雑種に対しては、俗名として愛好家の間で‘Crenatodaigremontiana’の名を使用することは構わないと思う。

 このように権威ある者が巷に流布した情報が正しいとは限らない(日本国憲法が日本人不在の「みっともない」押し付け憲法というようなものも好例である)ので、疑問に思ったことは自分で調べてみると事実が見えてくることがある。権威者の言葉を鵜呑みにすると「恥ずかしい」間違いが増幅することは世の常である。

nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -